GW探鳥記#11:生き物達が生み出す風景

時間的にはコマドリよりもこっちのほうが先でした(汗)

先行する先輩の車がオオルリの声を聞いて止まりました。

ほんの、10mほどの距離でしょうか?オオルリが囀っています。

以前このブログで載せた個体と同じオオルリです。

植物もどんどん育ってきて、素敵な舞台を作ってくれました。

その上で囀っています。

f0230458_2102267.jpg



f0230458_2104543.jpg



f0230458_2111434.jpg



こういうシーンが撮れて、本当に良かった(うれしかった)と思いました。

でも、それで終わってしまっては、考えが浅いような気もしています。

人間がこんなに近くにいるのに、どうして逃げもせずに囀っているのかなあ~?

単に個体の性格として、警戒心が弱いから人間なんか気にしていない?

渡ってきたばかりで、疲れていて警戒心が弱い???

人間が来ない環境で育っていて人間に驚かされていないから、人間を警戒しない?

我々人間は動物の気持ちを本当に理解できないんだなあ~(理解していないんだな~)と思います。

お互いにしゃべれないんだから当たり前ですね。

それでいて、物言わぬ生き物たちの住み家をどんどん壊しているような気もします。

あ、これ以上言うのはやめておこうかな、、、、、でも。

まったく話は変わってしまいますが、以前からバンディング以外に生き物調査に有効な方法はないのかなあ~?なんて考えたりもします。

かすみ網によるバンディングに反対する人たちがいるのも知っているのですが、反対するなら代わる方法を教えていただけないかと。

私も、もともとはかすみ網によるバンディングには反対だったのですが、自分なりに考えて今は違います。

生き物の行動を調査する(数値化する)良い方法がバンディング以外には見当たらない と思っています。

人間社会は証拠社会。

証拠がないと、開発屋さん達の思うつぼ。

生き物達の暮らしを数値化などして『見える化』しないと開発屋さんから守ることはできないと思うのですが、違うのでしょうか?

ただ『開発反対』と言っても、ただの感情論。

開発屋さんへのインパクトは少ないような。

バンディングは『必要悪』なんですよね。今の自分には。

バンディング以外に良い方法ないかなあ~。

技術は進んでいるのに。

日本で子育てする夏鳥達にとって、日本の自然は『ゆりかご』。

これからも、残ってほしいし、どんどん増えてほしい。

広大で、深ーい自然を見ると、本当感動できるんですよね。

生き物好きの思いなのでした。

酔っていると筆が進むみたいです。

そうそう、ところで、このオオルリが囀っている木なんですが、なんていう木なのでしょうか?

ブドウの房みたいに垂れ下がるのは蕾????

ネットで探すにしてもキーワードが浮かびません(泣)

生き物好きと言いつつ、知らないこと多すぎるなあ~(汗)

つづく(酔)
[PR]

by stray-robin | 2012-05-31 21:44 | オオルリ