アカショウビン : 傷

タイトルをどうしようか迷いましたが、そのまま行くことにしました。

今年の初夏は初めて見るシーンを目の当たりにできたという意味では、本当に充実した時間を送ることができました。

またまた餌場のアカショウビンです。

綺麗な姿を見せてくれました。

f0230458_14492047.jpg



f0230458_14494285.jpg



この後しばらく、ここには姿を現しませんでした。

その間、空を見上げると曇り空で淡い灰色の空が広がっています。

目を山の方に移すとすっかり葉が茂った深い森がこちらに迫っています。

葉っぱの下ま真っ暗です。

曇り空と森との境界線をじっと眺めていると、赤い鳥が『ギャッ』と叫びながら森から飛び出したかと思うと、小さな弧を描いてすぐに森の中へ消えて行きました。

そして、森の中からまた『ギャ、ギャ』という叫び声が聞こえてきます。

雛を守るアカショウビンと雛を狙うカラスが争っているんです。

そして、、、、、

親鳥がまた餌場に戻ってきました。

撮影してびっくりです。

f0230458_14554577.jpg



f0230458_14555520.jpg



先輩方にも確認してもらいましたが、見ての通り頭に傷を負っているではありませんか!

正確な原因はわかりません。

私に想像できることは、カラスにやられた ということだけです。

これ以外にも、遠くのカラスに向かって真っ赤なミサイルが飛んで行ったかと思うと、そのミサイルが深紅の翼を広げて翻る様子や、すぐ近くの森の中からアカショウビンとカラスが争いながら出てきて、カラスが何かを食べているシーンも目撃しました。

心臓がどきどきしました。

とにかくすごい一日でした。

雛が無事でいることを祈ることしかできませんでした。

カラスを悪者にすることはできないでしょう。

カラスを雛を襲うのは昔からある自然なことですから。
[PR]

by stray-robin | 2012-09-02 15:19 | アカショウビン