マガンの飛び立ち   伊豆沼

あっという間に時間が過ぎてしまいましたが、11月の連休にマガンの飛来地として有名な伊豆沼に遠征してみました。

この地を訪れたのは5年ぶり2度めでした。

やはり遠かったなあ。。。

遠征 というぐらいですから当たり前かもしれませんが。

写真はたくさん撮れましたが、整理不能状態に。。。

急いで選んでみたものの、、、、意に反して同じような写真も多い(汗)

でも、、、、それぞれが捨てがたい。。。

さてどうしようか????

と考えていたら、『そうだ、フォトムービーにしてみよう』と思い立ちました。

で、、、作ってみたのですが写真よりも解像感が良くなくちょっと不満。

でも改良できるのかどうかもわからず、時間もないのでそのまま足跡として残すことにしました。

↓初めて作ったフォトムービーです。


久々に訪れた伊豆沼ですが、出発前に調べたところ、私が前回訪れた翌年の2011年(だったかな?)のネットニュースで、カメラマンの影響で、マガンが日の出よりも前の暗いうちに飛び立つようになった という記事を目にしました。

私もカメラマンの一人として心が痛む情報でしたが、湖面が車のライトに照らされたり、準備する間にラジオや車内灯をつけっぱなしにする人がいることが影響しているらしい とか。 

マガンが警戒して、行動パターンを変えてしまったらしいのです。

生き物好きとしては、大変気になります。 現地では気をつけようと意識しました。

実際に訪れてみたところ、確かに日の出前に大きな群れが飛び立って行きました。

たまたまなのか? 以前読んだ記事のとおりなのか???

それでも、まだ残っている群れも居て、明るくなってから飛び立ってくれたりもしましたが、5年前に比べると、飛び立つ群れが分散してしまっており、いささか迫力にかけていた というのが正直な感想です。

別な場所で、三年ぶりにこの地へ来た という人とも話をしました。

その方も、以前に比べると飛び立つマガンの群れが少ないと感じたそうです。

ちょっと気になりました。

マガンが一斉に飛び立つシーンは生き物好きにとってはとても感動的なシーンです。

これからもずっと見続けたいと思います。 また、他の方々にも是非みてもらいたいシーンです。

訪れる人とうまく共存できたらいいのになあ、、、、と思いました。

マガンは昔から同じことを繰り返しているだけ。

訪れる人のマナーや思いやり次第 ということでしょうか。
[PR]

by stray-robin | 2015-12-02 20:55 | マガン