ゆっくりお休み~。 サシバ

今日は1日天気悪かったです(泣)

でも、用事があったのでどっちみち鳥見には出かけられなかったのでした(^^)

という意味では救いの雨???

さて、今日の写真は在庫からサシバです。

いまごろはもう遠くへ渡ってしまったんでしょうねえ~。

峠でタカの渡りを見ていたら、夕方になってここで夜を越すと思われるサシバが遠くの木に降りてきました。
木止まりのサシバは初めて見ました。

遠かったですが、嬉しかったです。

少しづつ日が沈んでゆきます。やがて、木のてっぺんのサシバだけが日に照らされていました。

f0230458_1751097.jpg



ゆっくり体を休めるんだよ。

長旅がまだ続くんだから。
[PR]

by stray-robin | 2013-10-05 17:53 | サシバ

再びタカの渡りに挑戦 一日目 サシバ

先週天気が良い期間もありましたが、日曜日あたりから天気がぱっとしません。

タカたちはどうしているのでしょうか?

週間予報では金曜日からまた天気が良くなるようです。

無事渡ってくれると良いのですが。

さて、今回はまたサシバですが、この時は遠かった。。。

でも足あととしてアップします。

↓遠くの谷からサシバが舞い上がってきます。
f0230458_20554853.jpg



↓私達のいる広場の林の上空まで来てくれました。この後の写真がないのは写りが悪くボツにしたため(泣)。
f0230458_2056392.jpg



↓定番のお腹の写真。黒っぽく感じるのですが、暗色型はもっと黒いのか???
f0230458_20561651.jpg



↓かろうじて背中。まだまだ物足りない。。。
f0230458_20563537.jpg



f0230458_20565451.jpg



f0230458_20571097.jpg



↓これまたなんとか背中。もっと近かったら。。。
f0230458_20572450.jpg



↓日が暮れてきて上昇気流も弱くなります。谷を低い高度を保って飛んでゆきます。
f0230458_20574712.jpg




遠くて行くのが大変なのですが、人が少ない日に行けると最高に楽しいですね。

また来年も天気と仕事の様子を伺いながら行ってみたいと思いました。

行ける時に行かないと!

サシバはいつか里山で木止まりを観察してみたいですね。

いくら時間があっても足りなそうです。。。。。
[PR]

by stray-robin | 2013-09-24 21:18 | サシバ

タカの渡り その2:サシバ(Grey-faced buzzard)

今回からこの遠征で見ることができた猛禽や小鳥たちを個別に紹介してゆきます。

残念ながら種類は多くはなく、ほとんどが空抜けの図鑑写真となってしまいましたが少しでも見て楽しんでいただけたら幸いです。

まずはサシバです。

私にとってはこれが初見初撮りでした(^^)♪

この鳥は夏になると日本や朝鮮半島、中国にやってきて繁殖します。

寒い季節は沖縄や南西諸島以南の暖かい国に帰って過ごします。

日本では里山でカエルやヘビ、昆虫などを捕まえて食べています。

写真はリサイズのみのもの、レタッチしたもの混在です。
すべて一眼レフでの撮影でした。

↓腹部の紋様がはっきりとした横斑ではないので、若鳥だと思います。
f0230458_1928480.jpg



↓日差しが強く露出をうまくコントロールできません。腹部が真っ黒です。
f0230458_19332365.jpg



サシバには暗色型といって、お腹の紋様が黒くつぶれている個体がいるそうです。
数が少ないらしく、その個体を狙っているベテランさんにもお会いしました。
この個体ももしかすると!!!、、、、な訳ないですね。。。。

↓森を背景に。
f0230458_19354199.jpg



空で撮影、空と山が混じった風景で撮影、山をバックに撮影。
鳥が飛ぶコースによって露出がどんどん変ります。
そこをうまくコントロールするのが腕の見せ所ですが、なかなかうまくいきませんでした。
撮影はすごく難しく、ゴミ箱行きの写真を量産。かなり凹みました。

↓最後は同じような写真を2枚。腹部の紋様がはっきりとした横斑になっています。
成鳥だと思います。♂♀の識別はまだわかりません。
f0230458_1938393.jpg



f0230458_19381528.jpg



この鳥は世界的には絶滅の心配はない種とされていますが、日本の環境省のレッドリストでは、『絶滅危惧II類(Vulnerable, VU) - 絶滅の危険が増大している種』に指定されているようです。

素人の私の予想ですが、日本では里山が減っていることから、餌場となる環境が減ることによる絶滅が懸念されているのだと思います。

生き物好きとしては、これからもサシバが元気に子育てできる環境が残ってほしいと思います。

話は変りますが、宮古島では渡りのサシバを捕まえて食べる習慣があったそうですが今は無いとのことです。

来年は木に止まった勇姿をしっかりと撮りたいと思っています。
[PR]

by stray-robin | 2011-10-04 20:00 | サシバ