タカの渡りを見てきました。 ハチクマ

捨て猫?迷い猫?の保護をしていたらてんやわんやであっという間に時間が過ぎてしまいました(汗)

9月23日、白樺峠に行ってきました。

最初は渡り途中のノビタキを探しに行こうかと思っていたのですが、鳥がいないと鳥友さんに教えてもらったので、急遽予定を変更しました。

9月23日は統計的に鳥の出が悪いというジンクスのある日にちなのですが、なんとか見ることができました。

良かった(^^)

それでも鳥が多かったわけではありません。

こちらのカウントを見ると、ジンクスの通り多くはないことがわかりますね。

朝は良かったのですが、午後は特に少なかったような気がします。

人も多かったですが、以前見たた500人に比べると少なかったです。あの時はすごかった(;゚ロ゚)

今日はハチクマの写真を紹介します

ハチクマは鳥は名前にもあるようにハチの巣を襲って、ハチの子を食べます。

夏の間に日本やもっと涼しい国で子育てをして、秋になると温かい国へと渡ってゆきます。

一生懸命子育てするので、羽がボロボロになったり一部が抜けていたりする個体をよく見ます。

そういうぼろぼろの羽を見ると、応援したくなります。 無事渡りきってくれと。

↓朝の景色は眼下に朝もやが広がっていて、いままで見た中で一番綺麗な景色でした。
f0230458_22103689.jpg

EOS5DM3+70-200mmf2.8 トリミング

f0230458_22104649.jpg

EOS5DM3+70-200mmf2.8 トリミング

鳥の写真は、大きく撮りたかったのですが、距離が遠かったのでダメでした(T_T)

↓日が上り気温も少し上がり始めた頃、山に残っていたハチクマが飛び始めました。
f0230458_2212936.jpg

EOS5DM3+856 トリミング

↓飛びながら上昇気流を探します。
f0230458_22122282.jpg

EOS5DM3+856 トリミング

↓上昇気流をつかまえて、円を描きながら徐々に上昇してゆきます。
f0230458_22123266.jpg

EOS5DM3+856 トリミング

f0230458_22124373.jpg

EOS5DM3+856 トリミング

↓この個体はこのまま高く上がっていってしまいました。
f0230458_22125499.jpg

EOS5DM3+856 トリミング

↓別の個体ですが、比較的低いところを通過してくれました。
f0230458_2213672.jpg

EOS5DM3+856 トリミング

無事に渡りを終えて、また来年も子育てをしに戻ってきてほしいと思いました。


<小鳥メモ>
ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、英名:Oriental honey-buzzard)
タカ目タカ科サシバタカ目タカ科ハチクマ属。
隊長:57-61cm。雌の方がやや大きい。(比較:ハシブトガラスは体長56cm)。

渡り鳥。

ユーラシア大陸東部の温帯から亜寒帯にかけての地域に広く分布。

日本では春~夏にやってきて繁殖。
森林に生息。
毎年同じ巣に戻ってきて、補修して子育てする。
♂は♀ともに子育てに参加する。
育メン。

育雛期は蜂の幼虫やサナギを主な食料とする。
クロスズメバチなど地中に巣を作る蜂の巣を見つけると、巣の上から掘り返して
巣盤を持ち帰って雛に与える。

ハチクマが蜂の毒針を問題としないのは、羽毛が堅い為と考えられている。

世界的には絶滅の心配がない主とされているようであるが、環境省レッドリスト
では『準絶滅危惧(Near Threatened, NT) - 存続基盤が脆弱な種』に指定
されている。

蜂の巣は森の中にたくさんあるようであるが、今後も森林が減少すれば餌となる
蜂の補食が難しくなるということかもしれない。

それにしても、生態についてはどこまで具体的に把握されているのか?

渡りの時期になるとたくさん姿を見るが、それまではいったいどこにいるのか?
そんなに餌場(蜂の巣)が豊富にあるのか?などなど、自分にはわからないことがたくさんある。。
[PR]

by stray-robin | 2014-09-28 21:08 | ハチクマ

再びタカの渡りに挑戦 一日目 ハチクマ

天気予報を見て、居てもたってもいられず車中で仕事する覚悟で無理やり平日休みをとって峠へ行ってきました。

案の定、仕事で前日出発は仕事で無理。翌朝出発するも結局は高速道路のSAでメールチェックと仕事の電話。

やっとお昼に目的地到着。

しかし、平日にもかかわらず車がたくさん。

自分の車を止める場所がないほど。

仕方なく下の駐車場へ車を移動。

こんなの初めて。

空をみあげても鳥の気配はなし。

『朝のうちに飛んじゃったかな。。。。』見事な晴天の下、ちょっと心細くなる。

急ぎ足で峠道を登る。

車の数からの印象よりは人が少なかった。

聞くところによると、午前中はあまり飛ばなかったとのこと。

ラッキーな事に、私がスタンバイ完了した昼過ぎからたくさん飛んできてくれたました(^^)

この日、サシバのカウントは2,000羽を超えた模様。

そんな日でしたが、まずは大好きなハチクマから。

写真の『切れ味』は相変わらずありません(泣)

↓谷から鳥達が湧いてきました。ハチクマは一羽だけでした。
f0230458_11502434.jpg



↓上昇気流を捉えながら少しづつ高度をあげ行きます。
f0230458_11503910.jpg



↓背中を撮りたいのですが、なかなかうまく行きません。
f0230458_11505437.jpg



↓やっぱりお腹が写っちゃう。しかも体が陰っちゃいました。
f0230458_11515426.jpg



↓手前はトンビみたいですが、ハチクマです。後ろはサシバ。ハチクマは虹彩が黄色くないので♂成長か幼鳥とうことになるかと思います。
f0230458_11521053.jpg



↓なんとか背中を。。。虹彩が暗色、尾羽根の太い帯、♂成長かな。
f0230458_11513540.jpg



↓またお腹の写真になってしまいましたが、比較的しっかりと撮れました。こっち見ています。
f0230458_1152267.jpg



↓まだこっちを見ています(笑)
f0230458_11524056.jpg



次回はサシバですが、写真の整理に時間がかかりそうです。
[PR]

by stray-robin | 2013-09-21 12:19 | ハチクマ

タカの渡り その3:ハチクマ(Oriental honey-buzzard)

今日はハチクマです。

私にとっては初見初撮りでした(^^)♪

日本では渡り鳥で、夏に子育てをしにやってきます。

名前からも推察できると思いますが、子育ての時期に蜂の幼虫やサナギを主な食料としています。

今回の渡りの時期にはたくさん見ますが、普段は全然姿をみないので、いったいこれだけのハチクマがどこで過ごしてているのか不思議な気持ちがします。もっとも、ロシアなど外国で過ごした個体もここを通過しているとすると、数を多く感じるのは当たり前かもしれませんね。

写真は先輩型のようにビシッ!と撮ることができずに、すべてトリミング有り、レタッチ有りです(泣)

↓第一印象は、冠羽もなく首が長いので、ハゲタカのような印象を受けましたが、サシバと比べると大きくて飛びっぷりも堂々としていので、ともて魅力的な鷹でした。
f0230458_21135945.jpg



ハチクマは羽の紋様が個体それぞれに特徴があり、特にお腹や翼の裏の紋様や色の濃さにより、”暗色型”、”中間型”、”淡色型”に分けられたり、尾羽の付け根の帯の太さによって、成鳥♂かそれ以外に識別されます。

それから、成鳥♂と幼鳥は虹彩が暗色、成鳥♀は虹彩が黄色だそうです。

上の写真では虹彩は暗色のようですが、他がまるでわかりませんね。。。

↓この写真は上の個体と同じです。お腹や翼の様子もわかりますね。
胴体の色からして淡色型で、虹彩が暗色、翼の先端は真っ黒ではないので、淡色型の♂成鳥???
自信はありません。。。。。
f0230458_21141128.jpg



↓背面です。うまく撮れずに背面の写真はこのぐらいしか残っていません(泣)
f0230458_21142186.jpg



↓尾羽の横帯が細いのと、翼の先がそれほど黒くありません。元の写真で拡大してみるとろう膜(鼻の穴のあるところ)も黄色くないようです。成鳥♀でしょうか?
f0230458_21143130.jpg



私はこんな具合に特定がままなりませんが、ベテランさん達はハチクマの姿を見ては次々と分類し始めます。
私はただ呆然とベテランさんの話を聞くだけでした。
格の違いを大いに感じさせられました(@@)


↓山並みを背景に小さく。猛禽が大きく翼を広げた飛形はたまらなくかっこいいと思います。
f0230458_21153244.jpg



↓この3枚は同じ個体です。翼の先が黒く、尾羽の横帯が太くありません。お腹も黒っぽくはありませんので、中間型か淡色型の幼鳥でしょうか?難しいなあ~。
f0230458_21144189.jpg




f0230458_21144975.jpg




f0230458_211545.jpg




↓上の写真に比べると翼の先が黒い部分が小さいので成鳥。虹彩が暗色のようです。
♂の成鳥か?尾羽に太く黒い横帯が見えたら確実なのですが、わからないですねえ~。
f0230458_21151911.jpg



ハチクマは写真も識別も両方楽しめる鳥でした。

彼らが目指すは東南アジア。

日々開発が進んでいますので、厳しい越冬となる可能性もありますが、また来年も元気に戻ってきてくれることを願っています。


次回は明らかな淡色型のハチクマを撮ることができましたので、その写真を紹介したいと思います。

これから写真を整理しますが。。。

****************************************************
<小鳥メモ>
ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、英名:Oriental honey-buzzard)
タカ目タカ科サシバタカ目タカ科ハチクマ属。
隊長:57-61cm。雌の方がやや大きい。(比較:ハシブトガラスは体長56cm)。

渡り鳥。

ユーラシア大陸東部の温帯から亜寒帯にかけての地域に広く分布。

日本では春~夏にやってきて繁殖。
九州以北の森林に生息。
毎年同じ巣に戻ってきて、補修して子育てする。
♂は♀ともに子育てに参加する育メン。
なので、秋の渡りの頃の♂は羽が欠損しているものも多い。

育雛期は蜂の幼虫やサナギを主な食料とする。
クロスズメバチなど地中に巣を作る蜂の巣を見つけると、巣の上から掘り返して巣盤を持ち帰って雛に与える。

ハチクマが蜂の毒針を問題としないのは、羽毛が堅い為と考えられている。

世界的には絶滅の心配がない主とされているようであるが、環境省レッドリストでは『準絶滅危惧(Near Threatened, NT) - 存続基盤が脆弱な種』に指定されている。

蜂の巣は森の中にたくさんあるようであるが、今後も森林が減少すれば餌となる蜂の補食が難しくなるということかもしれない。

それにしても、生態についてはどこまで具体的に把握されているのか?

渡りの時期になるとたくさん姿を見るが、いったいどこに隠れていたのか?そんなに餌場(蜂の巣)が豊富にあるのか?ととても不思議な気持ちになる。
[PR]

by stray-robin | 2011-10-06 22:19 | ハチクマ