カテゴリ:ハシビロガモ( 1 )

何にびっくり!? ハシビロガモ

あまりにも普通の鳥で、ここで取り上げるのも初めてなのでした。

遠くにいるヘラサギをおとなしく眺めていたらこちらに近づいてきました。

突然♀が慌てふためいてえらい水しぶきをあげました。

逆光で私に気が付かなかったのか????

前にいた♂も面白い顔して驚いていますね(笑)

撮れちゃった写真なんですが、ちょっと気に入っています。

一眼、トリミングです。
f0230458_20212364.jpg





<小鳥メモ>
ハシビロガモ(嘴広鴨、英名:Commons shoveler、Northern shoveler、Shoveler)
カモ目カモ科マガモ属

日本では多くが冬にやってくる冬鳥。一部は北海道でも繁殖している。
世界的にはユーラシア大陸の中緯度~高緯度で繁殖し、寒くなるとアフリカ大陸北部、北アメリカ&ヨーロッパ&中国南部、インドなどにやってきて越冬する。

全長43-56cm。ちなみにカルガモは全長53-63cm。

河川、湖沼、河口、干潟、海岸などに生息。
食性は植物食傾向の強い雑食で、種子、プランクトン、昆虫、軟体動物、魚類などを食べる。
水面に嘴をつけて水ごと食物を吸い込み、嘴で食物だけを濾し取り水だけを吐き出して採食を行う。
[PR]

by stray-robin | 2014-02-27 20:21 | ハシビロガモ