再会♪  ヤマドリ

姿を消したヤマドリに後日再び会うことが出来ました♪

↓細かい枝が邪魔をして体は枝被りでした。 細かい枝は、レンズの効果でボケてくれて顔だけくっきりしました。
f0230458_19141679.jpg

EOS7DM2 EF70-200mm 200mm F2.8L f2.8 +1/3EV ISO1000 1/640s トリミング

↓驚きました。005.gif 食事をしに目の前に出てきました。
f0230458_1915575.jpg

EOS7DM2 EF70-200mm 200mm F2.8L f2.8 -1EV ISO400 1/2000s トリミング

↓水滴をまとったヨモギの葉を食べていました。
f0230458_19154470.jpg

EOS7DM2 EF70-200mm 180mm F2.8L f2.8 -2/3EV ISO400 1/2000s トリミング

↓ほろ打ちの後ろ姿です。 枝被りなのが残念でしたが、綺麗な紋様だと思いました。
f0230458_19162031.jpg

EOS7DM2 EF70-200mm 200mm F2.8L f2.8 +0EV ISO400 1/2000s トリミング

↓ヤマドリ♂といえば、立派な尾羽根がトレードマークですが、滅多にないチャンスだったので興奮してしまい、尾のすべてをうまく写しとることができないことが多々ありました(泣)。今回は尾羽根を意図的にボカしましたが、そうは言っても尾羽根がすべて入っているか気になります、、、が、、、見えない。。。
f0230458_19171376.jpg

EOS7DM2 EF70-200mm 200mm F2.8L f2.8 +1/3EV ISO400 1/800s トリミング

↓撮影に夢中になって長居していたら、とうとう怒りだしたようです。
f0230458_19172388.jpg

EOS7DM2 EF70-200mm 200mm F2.8L f2.8 +0EV ISO400 1/800s トリミング

↓近くにやってきて、威嚇されました008.gif
f0230458_19173329.jpg

EOS7DM2 EF70-200mm 200mm F2.8L f3.5 +0EV ISO400 1/800s トリミング

この地に縄張りを構えているようです。

また来年も会えますように(願)
[PR]

by stray-robin | 2015-05-23 20:33 | ヤマドリ

ヤマドリ♪  初撮り♪♪

ゴールデンウィークの在庫からです。

久しぶりに以前からお世話になっているガイドさん(有料)に会いにお山に遠征しました。

他の鳥が目的でしたが、待ち合わせの時間よりも早く電話が入り、『ヤマドリが出てますよ』とのこと。

急遽車を飛ばして現地へ直行。

ヤマドリが目の前に姿を現してくれました。

一瞬見かけることはありましたが、これほど時間をかけて間近に観察できたのは初めてでした。001.gif

写真的には光の向きが悪く残念でしたが、それでも感動の時間を過ごすことが出来ました。003.gif

写真の整理不能です。。。。

取り急ぎで3枚ほど選んでみました。

↓目の前で『ほろ打ち』をしてくれました。
f0230458_1421261.jpg

EOS7DM2 EF70-200mm F2.8L 200mm f2.8 +0EV ISO1000 1/1600s トリミング

f0230458_142368.jpg

EOS7DM2 EF70-200mm F2.8L 200mm f2.8 +0EV ISO1000 1/1600s トリミング

↓枝被りばかりでしたが、自然な成り行きでの出会いなのでしかたないですね。
f0230458_1422272.jpg

EOS7DM2 EF400mm f5.6 f5.6 +1/3EV ISO1600 1/500s トリミング

私が初めてみたアマドリはもっと白っぽい色をしていました。

ヤマドリは地域によって色に違いがあります。

今回の写真ではわかりませんが、このヤマドリは尾羽根の縞が11節(11環?)ありました。

立派な尾羽根でした。

13節(13環?)になると、昔の人からはだいぶ珍重された と他のお山の看板の説明で読んだことがあります。


<小鳥メモ>
ヤマドリ(ヤマドリ、英名:Copper Pheasant)
キジ目キジ科ヤマドリ属

全長約125cm(♂)

♂の羽色はキジの極彩色とはことなり、金属光沢のある赤褐色色。

赤褐色の強さは地域により変わる。

和名の「ヤマドリ」は山地に生息することに由来]。
冬季には群れを形成。
食性は植物食傾向の強い雑食性。

♂はめったに鳴かないが、縄張りを宣言するのに、翼を激しくばたつかせ大きな羽音を立てる(ドラミング、ほろ打ち)。

一夫多妻と思われていたが、一夫一妻であることが確認された との情報もある。
[PR]

by stray-robin | 2015-05-16 19:33 | ヤマドリ