何度見ても綺麗(^^)   オオルリ

コマドリを楽しんだお山は雨が降り始めてしまったので、またオオルリのポイントまで長距離移動しました。

前回会えた時には、枯れ枝にとまるシーンばかり撮ったので、今度は葉っぱに止まってくれることを願ってのチャレンジでした。

結果は、、、、、無事会うことはできましたが、また枯れ枝絡みとなってしまいました。

それにしてもこのブルーは何度見ても感動ものです003.gif

f0230458_19353825.jpg

EOS5DM3 EF800mm F5.6L f7.1 +2/3EV ISO1000 1/160s トリミング

f0230458_19354822.jpg

EOS5DM3 EF800mm F5.6L f7.1 +2/3EV ISO1000 1/160s トリミング

f0230458_19355544.jpg

EOS5DM3 EF800mm F5.6L f7.1 +1/3EV ISO1000 1/500s トリミング

f0230458_1936481.jpg

EOS5DM3 EF800mm F5.6L f7.1 +1/3EV ISO1000 1/500s トリミング


決して人間が創り出せない美しいもの。

見ていてそんな感想をいだきました。

これからもずっと見てみたいものです。

どうすればよいのか?

意外と簡単なのかもしれません。

この地をそおっと見守っていればよいのでは無いでしょうか?

でも、それが難しいのかも。。。。。人間には。
[PR]

by stray-robin | 2015-07-01 21:45 | オオルリ

開かずの扉の向こう   オオルリ

この日は、地元の方に閉じた門を解錠してもらい、いつもは入れない林道に鳥友さん達と一緒に入れていただきました♪

基本的に人が入らないこの場所は、自然が好きな私にとってはとても素晴らしい場所で、訪れるたびに感動を覚えます。

そんな自然の中でオオルリに会うことが出来ました。

↓朝早かったので、暗かったです。レリーズを使用してライブビュー撮影しました。 デジスコみたいなSSになっちゃいました。
f0230458_20541094.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 -1/3EV ISO400 1/6s ライブビュー撮影 トリミング

それにしても、、、、、ほんとに美しいブルーですねえ~。

今だけでなく、将来にわたってずっと見ていたいですねえ~。

f0230458_20542270.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 -1/3EV ISO800 1/30s ライブビュー撮影 トリミング

↓他の場所に行った後、また同じ場所に戻ってきました。
f0230458_20543226.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 -1/3EV ISO800 1/30s ライブビュー撮影 トリミング

↓この日は天気が良く、日が昇って明るくなったのは良いのですが、オオルリがテカテカになっちゃいます008.gif
f0230458_20544232.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 -1/3EV ISO1600 1/640s トリミング

↓この上に止まってくれることを願っていたのですが、、、、
f0230458_20562022.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +1/3EV ISO1000 1/160s トリミング

『おいおい、あんたらのために止まる場所選んでないから』、、、ってか。015.gif
f0230458_20563289.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +0EV ISO640 1/125s トリミング

正面から見ると、意外と怖い顔してるんですね。


お世話になった地元の方々、ありがとうございました。

そして、一緒に鳥見を楽しんだ鳥友さん達、お疲れ様でした。

素晴らしい場所でしたね。
[PR]

by stray-robin | 2015-05-27 19:55 | オオルリ

オオルリ♪

こちらもゴールデンウィークの出会いでした。

夕暮れ時に、半ば諦め気味に探しに行ってみたら、なにやら鳥の気配を感じました。

↓オオルリのメスでした。
f0230458_23173024.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f6.3 -1/3EV ISO1000 1/250s トリミング

この後、二羽の♂がこのメスを追いかけるようにしてバトルが始まりました047.gif

そして、10mほど離れた場所に止まってくれました。 近い!!
f0230458_23174752.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f6.3 -0EV ISO800 1/160s トリミング

f0230458_2317583.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 -0EV ISO800 1/400s トリミング

♀ともう一羽の♂は撮影している間に見失いました。

↓しばらく待っていると、別の個体が現れました。 多分バトルの相手だと思います。
f0230458_2318699.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 -0EV ISO800 1/100s トリミング

イメージ的には美しいグリーンの中でオオルリが浮かび上がるような写真を撮りたかったのですが、私がこの地を訪れた時には、まだ冬のような景色がたくさん残っていて、ご覧のとおり春らしい絵にはなりませんでした。

しかし、元気なオオルリ達の姿を見ることができてとても楽しい時間を過ごすことができました。

この地の環境は、私が知ってから大きな変化は無いみたいです。

人間が何もしなくても動物たちは縄張りの確保に大変なので、生き物好きとしてはこのままこの環境がそっと保たれてくれることを願うばかりです。

これからも元気なオオルリ達に会えますように。
[PR]

by stray-robin | 2015-05-18 21:03 | オオルリ

オオルリに会えました♪

今年もオオルリの美しい姿を見ることが出来ました。

最初は空抜けばかりしか撮れずに困り果てていましたが、帰り道に偶然この子に会えました。

あまりにも近くてびっくり。8mぐらいでしょうか。

↓羽の色が完全なブルーではありません。若い♂のようです。
f0230458_1940956.jpg

TSN-884+TE-17W+S120 f2.8 1/80s -2/3EV ISO160 7.3mmトリミング

↓他の♂とバトルが始まり、渓流の反対側へ行ってしまいました。ズームアップです。
f0230458_19401981.jpg

TSN-884+TE-17W+S120 f4.0 1/60s -2/3EV ISO250 12.2mm

↓背打ちではこんな感じです。同じく渓流の向こう側。
f0230458_19402746.jpg

TSN-884+TE-17W+S120 f5.0 1/40s -2/3EV ISO250 12.2mmトリミング

↓バトルに夢中になって、こちら側へ飛んできました。おなじみの見上げるような写真になってしまいましたが、嬉しい瞬間でした。
f0230458_19403738.jpg

TSN-884+TE-17W+S120 f4.5 1/25s -2/3EV ISO250 12.2mmトリミング

楽しませてくれた若い個体ですが、残念なことに後日行ってみたら姿がありませんでした。

きっとバトルに負けてしまったのでしょう。

他の場所でたくましく生き抜いてほしいものです。

いずれも背景がうるさい写真になってしまいましたが、仕方ありません。

これが出会いの状況そのままです。

話は変わりますが、今回のGW遠征中にうっかり足を捻挫してしまい楽しみにしていたGW後半をすっかり棒に振ることになってしまいました(>_<)

在庫少ないですが、撮れた分を少しづつ紹介してゆきたいと思います。

<後から追加>

野生のミツバツツジがとても綺麗に咲いていました。

毎年見るのが楽しみです。

デジスコではデカすぎてこんな写真しか撮れませんでした。

それにしてもこの花の色は野山ではとても映えて綺麗です♪

↓蕾の色も綺麗です。
f0230458_22112179.jpg



f0230458_22114845.jpg


[PR]

by stray-robin | 2014-05-06 20:04 | オオルリ

GW探鳥記#11:生き物達が生み出す風景

時間的にはコマドリよりもこっちのほうが先でした(汗)

先行する先輩の車がオオルリの声を聞いて止まりました。

ほんの、10mほどの距離でしょうか?オオルリが囀っています。

以前このブログで載せた個体と同じオオルリです。

植物もどんどん育ってきて、素敵な舞台を作ってくれました。

その上で囀っています。

f0230458_2102267.jpg



f0230458_2104543.jpg



f0230458_2111434.jpg



こういうシーンが撮れて、本当に良かった(うれしかった)と思いました。

でも、それで終わってしまっては、考えが浅いような気もしています。

人間がこんなに近くにいるのに、どうして逃げもせずに囀っているのかなあ~?

単に個体の性格として、警戒心が弱いから人間なんか気にしていない?

渡ってきたばかりで、疲れていて警戒心が弱い???

人間が来ない環境で育っていて人間に驚かされていないから、人間を警戒しない?

我々人間は動物の気持ちを本当に理解できないんだなあ~(理解していないんだな~)と思います。

お互いにしゃべれないんだから当たり前ですね。

それでいて、物言わぬ生き物たちの住み家をどんどん壊しているような気もします。

あ、これ以上言うのはやめておこうかな、、、、、でも。

まったく話は変わってしまいますが、以前からバンディング以外に生き物調査に有効な方法はないのかなあ~?なんて考えたりもします。

かすみ網によるバンディングに反対する人たちがいるのも知っているのですが、反対するなら代わる方法を教えていただけないかと。

私も、もともとはかすみ網によるバンディングには反対だったのですが、自分なりに考えて今は違います。

生き物の行動を調査する(数値化する)良い方法がバンディング以外には見当たらない と思っています。

人間社会は証拠社会。

証拠がないと、開発屋さん達の思うつぼ。

生き物達の暮らしを数値化などして『見える化』しないと開発屋さんから守ることはできないと思うのですが、違うのでしょうか?

ただ『開発反対』と言っても、ただの感情論。

開発屋さんへのインパクトは少ないような。

バンディングは『必要悪』なんですよね。今の自分には。

バンディング以外に良い方法ないかなあ~。

技術は進んでいるのに。

日本で子育てする夏鳥達にとって、日本の自然は『ゆりかご』。

これからも、残ってほしいし、どんどん増えてほしい。

広大で、深ーい自然を見ると、本当感動できるんですよね。

生き物好きの思いなのでした。

酔っていると筆が進むみたいです。

そうそう、ところで、このオオルリが囀っている木なんですが、なんていう木なのでしょうか?

ブドウの房みたいに垂れ下がるのは蕾????

ネットで探すにしてもキーワードが浮かびません(泣)

生き物好きと言いつつ、知らないこと多すぎるなあ~(汗)

つづく(酔)
[PR]

by stray-robin | 2012-05-31 21:44 | オオルリ

GW探鳥記#2:やっぱりオオルリ♪

GW二日目。
前日(だったかな?)にお世話になってる鳥友さんより電話あり。
明日は開かずの扉を開けるので同行しては?とのお誘い。
さらに、私なんかよりは遙かにすごい先生みたいな先輩も参加するとのこと。

もちろん、即OKの返事(笑)

エピソードは今回だけでは紹介できませんので、また順を追って紹介します。

その関係で、今回もオオルリをとりあげることとなりました。

日の出間もない時間から、みんなで4駆に分乗して出発です。

なにしろ、帰りまでに崖崩れがおきる可能性もある道です。
そうなったら、全員容易には帰れなくなります。
当然普段は人が来ない(というより、来れない)環境です。

早速、先行するガイド役の車が、淡い朝の逆光の中、近くで囀るオオルリを発見。

こんなに近くで撮れたのは久しぶりでした。
f0230458_2116797.jpg



写真はすべてデジスコです。

欲がでてズームを使用。
でもレタッチ無しのリサイズのみです。
f0230458_21172072.jpg



この後、色々ありましたが道の頂上での休憩を挟んで下山へ。

普段は敬遠するお昼の高い日差しも、鳥を見下ろすように撮れるこの場所では、とても良い光になります。
ズームを我慢して画質優先で撮影(^^;
f0230458_21192620.jpg


ズーム使わないと、画像のクリア感が違いますね。

やっぱり我慢できずにテレ端まで持って行ってしまいました(笑)
こちらは、レタッチ有りです。
f0230458_21193516.jpg



この後、良いところに出てくれたオオルリを撮り逃して痛恨の思い。。。。。
やはり自然は手強い。

なんとか、新緑を背景にできるところに出てくれました。
小さく撮影。
f0230458_21194544.jpg


枝がうるさいのと、もう少し新緑がぼけてくれるかと期待しましたがそうは行きませんでした。
少しだけズームを使った方が、望遠効果によるボケは得られたのかもしれません。
ただ、枝はどうすることもできません。。。

写真を見ながら書くと写真のことばかり触れてしまうのですが、実際の撮影に当たって感動するのは人が入らない自然に生きる生き物たちのおおらかさです。

自然の豊かさ自体にも感動しますが、それが育むもののおおらかさが、東京で生きる私を非日常的な空気で包み込んでくれます。

ああ~、気持ちよかった。これがほんとのリフレッシュ?

『ほんとすごい場所ですね』

『なんと言っても、他に人が来ないのがいい(笑)』

そんなやりとりも出てきます。

自分達は人間なのにねえ~(笑)

下界で餌付けや人工的に鳴き声を流して大勢の人が群れる鳥見とは全く違ったものがここにはありました。

つづく。
[PR]

by stray-robin | 2012-05-09 21:47 | オオルリ

GW探鳥記#1:君は遠かったなあ~。。。

GWは暴風雨で出かけられない日もありましたが、鳥見の先輩方のおかげで非日常的な雰囲気で鳥見をすることができたりして、楽しい時間を過ごすことができました。
お世話になった皆さん、ありがとうございました。

今日からGWに出会った小鳥たちを順を追って紹介してゆきます。

同じ鳥を取り上げたり、写真の整理ができておらず更新が不規則になったりするかもしれませんがご容赦ください。

まずは、GW初日のオオルリ君です。

日本の夏鳥の代表ですね。また今年も会えて良かった。綺麗な姿でした。

でも、遠かったなあ~。写真はどれもイマイチでした(泣)
すべてデジスコで、rawからの現像です。
一枚目以外はすべてS95のテレ端でした。

↓鳥が小さくて写りもいまいちですが、新芽と並んだ光景はなんとなく好きです。
f0230458_2325325.jpg



大きさに物足りなさを感じて、ついついズームでテレ端撮影。以下同じ。
f0230458_23273580.jpg



テレ端だとやっぱりシャキッとした写りとは行きませんね。。。
f0230458_23282469.jpg



↓これも遠かった。テレ端でこの大きさなのですが、テレ端の割には鳥の写りはこの中では良いような気がします。
f0230458_23283422.jpg


小枝が少ないのはしかたないですね。
天然物でやらせの写真は一切ありませんので。

f0230458_23302862.jpg



f0230458_23303679.jpg



撮り足り無さを感じていたので、夕方一人でオオルリポイントへ。
見事なほど玉砕でした。。。。遠すぎてお話になりませんでした。
そんな時に撮ったシジュウカラを一枚。
f0230458_23513946.jpg


2羽で居て、この子は別の一羽におねだりをして餌をもらっていましたので、♀だと思います。

S95はがんばってくれることもあるのですが、光軸調整の問題もありちょっと使いづらさを感じています。
私は前面のコントローラーリングは使わないので、D社さんでこの機能を封印した光軸優先のアダプタを作ってくれると良いのですが。。。

最近は先輩方の影響もあって、nikonのP310を大変魅力的に感じています。触手ぴくぴく。
RAWでの撮影が可能であれば、即買いなのですが。

そう言いながらも、、、最後は腕なんですよね(泣)

そんな話はさておき、初日は鳥の遠さでやや躓いた感がありますが、全体的には久々に大変楽しいGWを過ごすことができたのでした(^^)




つづく。
[PR]

by stray-robin | 2012-05-08 00:01 | オオルリ

またまたオオルリ:Blue-and-White Flycatcher

翌日は先輩の方々と一緒にオオルリを撮らせていただきました。

鳥しか撮っていませんが、景色もとても綺麗でそのことでも話が弾みました。

でも、地元の人にとっては”昔からこんなもんだしなあ~”程度だそうです。

そりゃそうかもね(笑)

↓皆さんと合流する前に現地に着いたら早速歌ってくれました♪
でもやはり遠かったです。2枚ともS95テレ端です。
↓これはノートリ、ノーレタ。
f0230458_1525094.jpg



↓これはノーレタ、レタッチ有り。
f0230458_15274432.jpg



↓皆さんと合流してからのショット。小さく撮ってみました。
ノートリ、ノーレタ。
f0230458_15285262.jpg



小さく撮る方が画質がしっかりしますね。
、、、とわかっていても、デジスコだからついつい一枚目、2枚目みたいにアップ気味で撮りたくなります(^^ゞ

そして、今日もオオルりに会いたくてこの場所へ向かいました。
すると、、、なんと、、、通行止めでした(大泣)
落石の影響らしいです。
今季絶望か???

あ~あ、またあの自然に触れたいなあ~。
[PR]

by stray-robin | 2011-05-15 15:34 | オオルリ

オオルリ:Blue-and-White Flycatcher

もう2週間も経ってしまいました。

これが今季最初の出会いでした。

この日は一人で見に行ってきました。

また今年も会えてうれしかったですが、とお~っても遠お~~くの木のてっぺんで綺麗な声で囀っていました(泣)

それでもコンデジのテレ端で頑張って撮ってみました。

↓S95のテレ端で頑張ってもこの大きさです。これはレタッチしました。
f0230458_20162796.jpg



↓空抜けです。色が出ませんが。。。S95テレ端、ノートリ、ノーレタ。
f0230458_20181453.jpg



↓撮り損ねたと思っていましたが、写真をチェックしていたら、こういうのが一枚ありました。
露出が悔やまれます(泣)S95テレ端、ノートリ、ノーレタ。
f0230458_20192434.jpg


↓80mぐらいあると思います。上からオオルリを撮り下ろしたのは初めてだと思います。
テレ端です。S95テレ端、ノートリ、ノーレタ。
f0230458_20343147.jpg



今季初めてのオオルリ♪。

先輩方のようには綺麗に撮れませんでしたが、それでもオオルリに会えてとってもうれしかったです。

ところが、それもつかの間、、、、一人ボイスレコーダーでオオルリの声を流して鳥を撮る人と遭遇してしまいました。

森の緑、渓流の流れ、小鳥のさえずり、そよ風   すべて自然のものを満喫していた私は、人工的なものを見せつけられて一気に興ざめしてしまいました。
電車の中で聞きたくもない音楽がはっきりと漏れ聞こえて来たときと同じような不快感でした。

”聞きたくない、見たくもない”

でも、勇気のない私は何も言えずに、その人の目の前でさっさとカメラをたたんで家に帰りました。

とても気分がよかっただけに、がっかりでした。

ボイスレコーダーで鳥をおびき寄せることについては、ある意味鳥の平穏な生活を撹乱していることになると思います。鳥の反応を見る限り、鳥にとっては心地よいことでなないはずです。自分なりに影響を調べて見たいと思います。
[PR]

by stray-robin | 2011-05-12 20:34 | オオルリ

オオルリ

遠征から戻ってきてから最初の週末。

夏鳥に会いたくて一年ぶりに都内の山に登ってみました。

三宅島は小鳥の声がシャワーのように降り注いでいましたが、
この山はとても静か。
異変を感じるぐらいに不安になりました。

毎日登山されているという方に会いましたので話をしたところ、やはり
いつもよりも鳥が少ないと言っていました。

春先寒かったので、餌になる虫が少ない なども影響しているので
しょうか?
それよりも、三つ星の山なんかに指定されてしまい、アリの行列
みたいに人が来ている道もあり騒々しいからか???

心配しながら山を上っていたら、前方でかすかなざわめきを感じました。

居ました(^^)オオルリです!

♂が2羽いて縄張り争いをしているようす。
興奮して回りを警戒していました。
ブレてしまいました。トリミング&レタッチしています。
f0230458_20372918.jpg


システム  デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/22 8:42:46
Tv (シャッター速度)1/10
Av (絞り数値)4.0
露出補正+2/3
ISO感度80
焦点距離15.0 mm
ホワイトバランスオート

姿を見失った後はキビタキが時折現れて相手をしてくれました。
落ち着かずに写真は撮れません。。。
そして、2時間ほど経ったときに、頭上でオオルリの囀りが始まりました。
いつものごとくお腹ばかりの写真です(涙)
f0230458_20374389.jpg


システム  デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/22 10:54:55
Tv (シャッター速度)1/6
Av (絞り数値)5.6
露出補正-1
ISO感度80
焦点距離10.7 mm
ホワイトバランスオート

今年のオオルリはこれが最後かもしれません。。。
他にも撮りたい鳥がいるということもありますが、あまり撮れる気がしません。
来季こそは、手摺りではなく木の枝の上で目線のグリーンバック、振り向きポーズ
を撮って見たいと思います。
そのためにも、オオルリがまた来てくれるような環境が残っていないと行けません。

さあ、いよいよ明日早朝はワールドカップのリーグ戦の最終戦です。

早寝早起きして応援します!
[PR]

by stray-robin | 2010-06-24 20:22 | オオルリ