カテゴリ:メジロ( 4 )

まだかなあ~。。。。メジロ

人も居なくて静かですが、タカも飛んでくれないお山の話の続きです(泣)

時間を持て余していたので、周りに目を向けてみました。

すると、メジロやヒガラで賑やかな場所がありました。

白くて細かな実をつけた木の周りに集まっているようです。

この木の名前はわかりません。

写真の後ろのほうで白くボケているものです。

様子を見ていてすぐに手前にある紫色の塊に気が付きました。

なんと、アケビの実ではありませんか005.gif

しかも、ときどきメジロが物欲しそうにアケビの実を覗いています。

きっと、食べたくてしかたないんでしょうね。

とても面白いシーンに出会えたものだと思い、大砲を持ってきてシャッターを切ってみました。

f0230458_21301492.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 +0EV ISO800 1/500s トリミング

↓アケビが気になって仕方ないメジロの仕草、表情がなんとも可愛く思えて仕方ありませんでした。
f0230458_21302271.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +1/3EV ISO800 1/500s トリミング

『まだかなあ~』    そんな声が聞こえてきそうでした。

もう一度このアケビの様子見にゆこうと思いながらも、もう2週間以上が過ぎてしまいました。

とっくに熟れて、このメジロやほかの小鳥たちに食べてしまったのでしょうか?

いや、気が早いかもしれませんが、むしろ厳しい冬を前に是非小鳥たちの糧になってほしいと思いました。


<アケビメモ>

私には馴染みの薄い果物です。

私の親の世代では、山遊びをする子どもたちには絶好のおやつだったそうです。

熟れて実が割れると顔を出す”胎座”と呼ばれる種を包んでいる(?)塊が甘いのだとか。

私は食べたことがないので、その甘さを知りません。

果皮はほろ苦く、肉を包んで揚げ物にされるとのこと。

アケビの種類には4種類ほどあるようです。

アケビは自分の木の花同士では受粉ができない『自家不和合性』であるとのこと。

よって、実をつけるためには他の木もないと受粉ができない。

日本では山形県で栽培され出荷されているとのこと。
[PR]

by stray-robin | 2015-10-01 20:44 | メジロ

目にしみる赤

とは言っても、オオマシコやベニマシコではなく鳥はメジロです(笑)

赤いのは椿の花。

ミヤマホオジロにふられてとぼとぼと歩き回っていたときのつかの間のワンショット。

花の赤い色が目にしみたなあ~~。。。

f0230458_202443.jpg



デジスコものです。ノートリ、ノーレタ。

雪も降ったみたいだし、状況がかわっているかもしれないので、ミヤホにリベンジしてみようかな。
[PR]

by stray-robin | 2012-01-30 20:04 | メジロ

青空

本年最初の投稿は、在庫から普通種のメジロです。

ルリビタキの撮影中に空を見上げたら名前のわからない木の実にメジロが来ていました。

鳥は木の実を食べるので、鳥を通じて植物の名前にも興味が湧いてきました。

周辺減光と写りが気になりますが(汗)、冬の真っ青な青空とメジロのユーモラスな格好が印象的だったので、自分の足跡としてアップします。

f0230458_23474745.jpg



f0230458_2348325.jpg



明日は午後から比較的近場へ初の鳥見に出かけて見たいと思います。

どうなりますことやら。

皆様、今年もよろしくお願いします。
[PR]

by stray-robin | 2012-01-03 00:02 | メジロ

島で出会ったメジロ

三宅島にはシチトウメジロという亜種が居ます。

普通のメジロより嘴が長いそうです。

最初はこのメジロもシチトウメジロかと思って一生懸命狙っていたのですが、
帰ってきて調べて見ると、どうやら普通のメジロのようです。

嘴も長いかな?と思いましたが、以前こちらで撮ったメジロと変わりません。
お腹の模様もシチトウメジロは淡い灰色で単一色らしいのですが、このメジロは
そうではありません。

f0230458_2049322.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/06 16:03:24
Tv (シャッター速度)1/8
Av (絞り数値)2.5
露出補正-1
ISO感度100
焦点距離7.5 mm
ホワイトバランスオート

今日はツミが居るというある公園に初めて行ってみたのですが、
巣から落ちたオナガの雛に出会ってしまいました。
他の方が拾って、公園の端っこの木の根元に移動させたのですが、
親鳥は公園に遊びに来る子供達や親子連れが気になるらしく、
餌を与えるシーンは一度しか見ることができませんでした。
親鳥も雛の場所は認識しているので、これからも大丈夫だと思う
のですが、野良猫や子供達でも手が届きそうな場所に隠れている
ので、心配で気になって仕方ありません。
ここからは、この雛の持つ運と生命力に任せるしかありません。
暗くて写真にならなさそうだったので、ビデオを撮りました。
かなり後になると思いますが、アップします。
[PR]

by stray-robin | 2010-06-20 22:02 | メジロ