セイタカ雛

今日は雛の写真です。

とにかくチョコマカ動き回ります。

撮るのにかなり苦労しました(@_@)

f0230458_20151128.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時11:57:32
Tv (シャッター速度)1/640
Av (絞り数値)2.8
露出補正+2/3
ISO感度80
焦点距離8.6 mm
ホワイトバランスオート
-------------------------------

f0230458_20155234.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時 11:58:24
Tv (シャッター速度)1/500
Av (絞り数値)2.8
露出補正+1/3
ISO感度80
焦点距離8.6 mm
ホワイトバランスオート
-------------------------------

f0230458_2016984.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時 10:20:50
Tv (シャッター速度)1/200
Av (絞り数値)5.6
露出補正+1/3
ISO感度80
焦点距離7.5 mm
ホワイトバランスオート
-------------------------------

動画もアップします。
1分15秒ほどのビデオですが、終わりに近い辺りが変化があって面白いです。
親は子を守るために常に目を光らせているんですね。


これは6月下旬の状況です。
いまでは兄弟そろって親と変わらないくらい大きくなっているそうです(^^)
[PR]

by stray-robin | 2010-09-02 20:04 | セイタカシギ

動画:セイタカ親子のんびり

写真の整理は追いつきませんが、動画がありました。

前回の動画版です。

親子がゆったりと過ごしています。


人間でも動物でも、こうやって安心してゆったりできる環境は必要だと思います。

人間にとって開発は必要ですが、動物たちにもこのようにゆったりと暮らせる環境がこれからも残りますように。
[PR]

by stray-robin | 2010-08-30 21:49 | セイタカシギ

セイタカシギ:雛と一緒に

待望の雛です(^^)

初めて行ったポイントで、どのくらいの距離かわからなかったので
気合い入れてデジスコ持参p(^^)q

ところが、気合いが空回りするほど近かった(^^;

ガラス越しですが、6-7mくらいでしょうか。

デジスコでは近すぎるので、建物内を後ずさりして撮りました(笑)
普段は営巣場所はアップしませんが、この公園のHPでも公開されている
場所ですのでアップします。

↓この苔のベッドは孵化した巣ではありません。
ここがベースキャンプになっていて、ここから餌探しにあちこち歩き回ります。
それにしても、周りよりは湿気の少ない良い場所を見つけたものですね。
f0230458_21204678.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時9:20:17
Tv (シャッター速度)1/200
Av (絞り数値)5.6
露出補正-2/3
ISO感度80
焦点距離7.5 mm
ホワイトバランスオート
-----------------------------

f0230458_21211569.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時10:32:15
Tv (シャッター速度)1/400
Av (絞り数値)3.2
露出補正-1/3
ISO感度80
焦点距離7.5 mm
ホワイトバランスオート
-----------------------------

f0230458_21212995.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時11:51:00
Tv (シャッター速度)1/80
Av (絞り数値)8.0
露出補正-2/3
ISO感度80
焦点距離10.7 mm
ホワイトバランスオート
-----------------------------

次回も続きますが、写真の整理が追いつきません。
ゆっくりやっていきます。

話は変わりますが、うちの会社のグループ内の公用語が日本語から英語に切り替わります(涙)
とりあえず、10月にTOEICの試験を受けることになりました。
どうなりますことやら。。。。。

ということで、任天堂dsで朝、昼、晩 英語の勉強です(笑)
[PR]

by stray-robin | 2010-08-27 21:32 | セイタカシギ

セイタカシギ:初見初撮り

まだ6月の在庫です(^^ゞ

セイタカシギの雛がかえったという知らせを受けて、行ってみました。
足の色がまだ赤くなりきらないセイタカシギの若い親鳥です。

セイタカシギを見たのはこれが初めてでした(^^)

f0230458_20404899.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時 9:31:46
Tv (シャッター速度)1/500
Av (絞り数値)2.8
露出補正-1
ISO感度80
焦点距離7.5 mm
ホワイトバランスオート
--------------------------------

f0230458_20412424.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時 11:03:25
Tv (シャッター速度)1/50
Av (絞り数値)8.0
露出補正-1
ISO感度80
焦点距離8.6 mm
ホワイトバランスオート
--------------------------------

↓構図的には逆を向いてくれるとよかったのですが(^^;
f0230458_20415463.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時 11:07:04
Tv (シャッター速度)1/50
Av (絞り数値)8.0
露出補正-1
ISO感度80
焦点距離8.6 mm
ホワイトバランスオート
--------------------------------

若い親鳥でありながら、一度に4羽の雛を育て上げています。
お見事としか言いようがありません。
しかも、一度目はアオダイショウにより子育てに失敗しており、
今季2度目の子育てだそうです。

可愛い雛の様子はこの後お伝えします。

<小鳥メモ>
セイタカシギ(背高鷸、英名:Black-winged Stilt)
チドリ目セイタカシギ科。
体調約40cm(スズメ:約14cm)
付け根から指先まで約25cmある長い足が特徴。

ユーラシア大陸の暖地、アフリカ北部、オーストラリア、南北アメリカ大陸に、渡り鳥または留鳥として分布。
日本では以前は迷鳥として記録されてたが、最近では周年観察されている例もあり。

湿地、干潟、湖沼や水田などに生息。
食性は動物食。長い脚で水辺を歩き回り、昆虫や小魚、エビやカニなどを捕食。
足が長い分、他のシギ達とは違う場所で餌を採ることができる。

巣の場所が水辺ということもあり、水害の影響やヘビなどの外的に襲われやすく、成功率は2割弱との情報もあり。

自然の掟とは言え、これは大変ですわ。
営巣地を確認したら、少なくとも人間にはそっとしてあげてほしいと思ってしまいました。

ウィキペディアによると、環境省レッドリストでは、絶滅危惧II類(Vulnerable, VU)に指定されている とありましたが、生物多様性情報システムで探してみたところ、更に危険度が増して絶滅危惧IB類(Endangered, EN)に指定されているようです。
タンチョウがVUですので、それよりも危険度が上なんですね。(2010.8.26現在)
[PR]

by stray-robin | 2010-08-26 20:42 | セイタカシギ