カテゴリ:アオバト( 1 )

アオバト:一年ぶり

8月の在庫です。

え!、、、まだ8月の(汗)


まだ暑さが残っている浜で、一年ぶりに再開しました。

山の方から磯へ向かって飛んでくる姿をみて、とても懐かしく思いました。

警戒心が強さも関係しているのか、磯にうまく下りられないシーンを良く見かけました。

波が邪魔しているわけでもないのに、なんであの岩に下りられないの???

もしかして、君たち不器用?
なんてね。見ていてじれったくなることも(笑)

まあ~、余計なお節介かな。

一眼レフでたくさん撮りましたが、ぱっとした写真はありませんでした。(泣)
パソコンに助けてもらっています。

f0230458_2049325.jpg



f0230458_20491944.jpg



f0230458_20494757.jpg



3週間ほど連続して通いました。
在庫たくさんです。
もちろん整理できていません。。。
ゆっくり整理して行きます。

<最近の気になるニュース>

環境:日本製紙が道東の社有林をシマフクロウ保護区に 野鳥の会と協定締結

シマフクロウの保護の為に北海道の一部の森林を保護区にすることについてについて、日本野鳥の会と日本製紙が手を結んだようです。
増えてくれるといいですね。

生物多様性条約COP10開会

この会議以前にも、カルタヘナ議定書(遺伝子組み換え生物などが生態系に与える損害対策に関する国際議定書)締約国会議(COP-MOP5)というのが名古屋で開催されていました。こちらは順調に意見がまとまったようです。
これとは異なり、今日から開催される生物多様性条約締約国会議COP10は以下のことが話し合われます。

・世界共通の生物多様性保全の目標の決定
・微生物などを原料として開発された医薬品などが生む利益の配分(資源国と開発国の間など)

一つ目がとても関心があります。
二つ目はなんだかお金のにおいが強すぎますね。そうしないと、自然って守られないのかな?

<小鳥メモ>

アオバト(青鳩・英名:White-bellied green-pigeon)
ハト目ハト科アオバト属

中国、台湾、日本に分布。
体調約33cm(ドバト:約33cm)

日本では本州、四国、九州では留鳥。
北海道では夏鳥。
南西諸島では冬鳥。

植物食で果実や種子等を食べる。
6月頃に乳白色の卵を産む。
一腹卵数は2卵。
現在、繁殖が確認されているのは日本のみ。
[PR]

by stray-robin | 2010-10-18 19:57 | アオバト