野生の蘭:セッコク

一年ぶりに同じ場所で咲いているところに会えました。
高い杉の木の幹に着生していました。

中国から来た植物かと思っていたら、名前の由来が中国産の近似種からきている
だけで、もともと日本と中国に分布しているようです。

f0230458_16185882.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/06/06 17:52:55
Tv (シャッター速度)1/20
Av (絞り数値)4.5
露出補正-1 2/3
ISO感度80
焦点距離7.5 mm
ホワイトバランスオート

昨年、オオルリを撮っているときに登山者の方から教えていただきました。
それまでは全然しりませんでした。

この花を見るためにこのポイントに来る人もいるとも聞きました。

久しぶりに見てうれしかったのですが、この後山を下りていたところ、
あちこちの杉の木の枝でセッコクが咲いているのに気がつきました。
(゚ロ゚;)エェッ!?
昨年はまったく気がつきませんでした。

増えてる?自分が昨年気がつかなかっただけ??

<お花メモ>
セッコク(石斛)
科名:ラン科/属名:セッコク属
和名:石斛/学名:Dendrobium moniliforme
多年草。
本州の中部以南、四国、九州の樹上や岩上に着生して自生(じせい)
健胃、強壮作用などがあり、漢方薬として用いられる。

オキナワセッコクは乱獲による減少が激しく絶滅危惧IB類(EN)に指定されている。
[PR]

by stray-robin | 2010-06-30 20:54 | 植物

アオゲラ:証拠写真

オオルリとキビタキに振り回されている合間に、キョキョッというかケケッというか、
アオゲラの鳴き声が良く聞こえました。

撮れる気がしないので、ぼんやりしていたところ、、、、ちょっと遠かったのですが、
アオゲラらしくないポーズで登場w(゚o゚)w オオー!

必死にシャッター押しましたが、ブレまくりでした(w_-; ウゥ・・
ほんと、この鳥には縁がありません。
日本固有種。
是非ともしっかり撮りたい鳥の一つです。
ということで、またまた思い出の証拠写真。

↓これでもけっこう激しくシャープネスかけました(涙)
f0230458_15553875.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/22 14:52:49
Tv (シャッター速度)0.4
Av (絞り数値)4.0
露出補正-1
ISO感度80
焦点距離15.0 mm
ホワイトバランスオート
[PR]

by stray-robin | 2010-06-28 20:50 | アオゲラ

キビタキ

オオルリが姿を消した後、この子が5mほどそばまでやってきて
威嚇鳴きして怒っていました(^^;

あまりにも近くてこちらは(◎_◎;) ドキッ!!
写真は撮れません。

その後は時々近くに現れては、”なにやってんだ”ぐらいの勢いで、
私の2mほど横を通過しながら谷に向かって飛んでいったりします。
私の様子を見ているのでしょう。
とにかく落ち着きません。
撮れる気がしなかったので、お昼ご飯を食べて昼寝をしてゆっくり
していたら、近くで囀りが聞こえてきました。

↓暗いんですが、とりあえず遠征からの帰還後の最初のショットです。
f0230458_20292473.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/22 14:36:50
Tv (シャッター速度)1/8
Av (絞り数値)4.5
露出補正-1
ISO感度80
焦点距離18.2 mm
ホワイトバランスオート
----------------------------------------------------

↓夕方、登山者も少なくなったので昨年キビタキを撮った別のポイントへ。
囀りが聞こえてきましたo(^o^)o ワクワク

居ました(^^)
昨年と同じ個体かな?
後頭部に白い点があります。去年どうだったか思い出せません。
ここは相変わらず暗いなあ~。でも雰囲気は好きです。
f0230458_2029378.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/22 16:50:10
Tv (シャッター速度)0.3
Av (絞り数値)4.0
露出補正-1
ISO感度125
焦点距離15.0 mm
ホワイトバランスオート
----------------------------------------------------

スローシャッターでの撮影ですので、顔はなんとか止まるのですが、
体は揺れるせいかぼんやりしてしまいます。仕方ないですね。
f0230458_202953100.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/22 16:52:31
Tv (シャッター速度)1/4
Av (絞り数値)4.0
露出補正-1
ISO感度125
焦点距離15.0 mm
ホワイトバランスオート
----------------------------------------------------

f0230458_2030894.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/22 16:52:45
Tv (シャッター速度)1/4
Av (絞り数値)4.0
露出補正-1
ISO感度125
焦点距離15.0 mm
ホワイトバランスオート
----------------------------------------------------

翌週も同じ場所に行ってみましたが、キビタキの姿は無く声も聞こえませんでした。
どうしたのかな~。
[PR]

by stray-robin | 2010-06-26 22:19 | キビタキ

オオルリ

遠征から戻ってきてから最初の週末。

夏鳥に会いたくて一年ぶりに都内の山に登ってみました。

三宅島は小鳥の声がシャワーのように降り注いでいましたが、
この山はとても静か。
異変を感じるぐらいに不安になりました。

毎日登山されているという方に会いましたので話をしたところ、やはり
いつもよりも鳥が少ないと言っていました。

春先寒かったので、餌になる虫が少ない なども影響しているので
しょうか?
それよりも、三つ星の山なんかに指定されてしまい、アリの行列
みたいに人が来ている道もあり騒々しいからか???

心配しながら山を上っていたら、前方でかすかなざわめきを感じました。

居ました(^^)オオルリです!

♂が2羽いて縄張り争いをしているようす。
興奮して回りを警戒していました。
ブレてしまいました。トリミング&レタッチしています。
f0230458_20372918.jpg


システム  デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/22 8:42:46
Tv (シャッター速度)1/10
Av (絞り数値)4.0
露出補正+2/3
ISO感度80
焦点距離15.0 mm
ホワイトバランスオート

姿を見失った後はキビタキが時折現れて相手をしてくれました。
落ち着かずに写真は撮れません。。。
そして、2時間ほど経ったときに、頭上でオオルリの囀りが始まりました。
いつものごとくお腹ばかりの写真です(涙)
f0230458_20374389.jpg


システム  デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/22 10:54:55
Tv (シャッター速度)1/6
Av (絞り数値)5.6
露出補正-1
ISO感度80
焦点距離10.7 mm
ホワイトバランスオート

今年のオオルリはこれが最後かもしれません。。。
他にも撮りたい鳥がいるということもありますが、あまり撮れる気がしません。
来季こそは、手摺りではなく木の枝の上で目線のグリーンバック、振り向きポーズ
を撮って見たいと思います。
そのためにも、オオルリがまた来てくれるような環境が残っていないと行けません。

さあ、いよいよ明日早朝はワールドカップのリーグ戦の最終戦です。

早寝早起きして応援します!
[PR]

by stray-robin | 2010-06-24 20:22 | オオルリ

小鳥たちを育むもの:大路池(たいろいけ)と森の木々

三宅島にある大きなの池です。
三宅島には川がありませんので、動物たちにとっては貴重な水場です。

この池はたくさんの照葉樹林(スダジイ(椎の木。どんぐりの木。))に囲まれています。
スダジイはこの池だけでなく、島の至る所にあります。

そしてこのスダジイの葉っぱが、とおっ・・・・・ても綺麗なんです!

濃い緑色をした葉っぱの中から、若い葉っぱが眩しいほどに緑に輝きながら
生えていて、森は緑に輝く紋様をまとっています。

美しくて思わず見入ってしまいます。

そして、このたくさんのスダジイの木が三宅島の小鳥たちや他の生き物たちを
守り育てています。

f0230458_2003788.jpg



私は風景写真は苦手みたいです。
何枚か撮りましたが、これ一枚しか印象に残りませんでした。

アカコッコ館から池に向かって下りてきて、半周ほどして写真を撮りました。
この桟橋の上のほうにアカコッコ館があります。

スタッフの方にもお世話になりました。ありがとうございました。

とくに、気絶したアカコッコに遭遇してお世話になったことは一生忘れないでしょう。

この他にもたくさんのカエルの子供にであったり、綺麗な花も見ましたが、写真はイマイチ、
思い出として心にしまっておくことにします。

この遠征は、ほんとうにたくさんの小鳥達と出会えて、とっても楽しい遠征でした。

ありがとう三宅島!

これで三宅島の写真はおしまいです。

長らくお付き合いいただきましてありがとうござました。
[PR]

by stray-robin | 2010-06-22 20:21 | 風景

島で出会ったコゲラ

三宅島にはミヤケコゲラという亜種がいるそうです。

特徴は、本州のコゲラよりも色が濃いとのこと。

んんん~ 「(ーヘー;)え~と...区別不可能(汗)

他の方のブログで知ったのですが、コゲラは9種類の亜種があるそうです。

南へ行くほど色が濃くなるとか。

そうや言っても識別は難しそうですねえ~。

これ、もしかしたらミヤケコゲラかもしれませんので、載せておきます(^^;

f0230458_144533100.jpg


システム    デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/03 14:55:11
Tv (シャッター速度)1/13
Av (絞り数値)4.0
露出補正-1
ISO感度80
焦点距離15.0 mm
ホワイトバランスオート
----------------------------------------------------------------------

f0230458_14454465.jpg


システム    デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/05 15:16:20
Tv (シャッター速度)1/160
Av (絞り数値)4.0
露出補正-1 1/3
ISO感度80
焦点距離8.6 mm
ホワイトバランスオート
----------------------------------------------------------------------

f0230458_14455477.jpg


システム    デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/05 15:16:24
Tv (シャッター速度)1/160
Av (絞り数値)4.0
露出補正-1 1/3
ISO感度80
焦点距離8.6 mm
ホワイトバランスオート
----------------------------------------------------------------------

↓ちょっとリラックスしたみたいで、体が膨らんでいました。
f0230458_1446975.jpg


システム    デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/05 15:16:56
Tv (シャッター速度)1/250
Av (絞り数値)4.0
露出補正-1 1/3
ISO感度80
焦点距離10.7 mm
ホワイトバランスオート
[PR]

by stray-robin | 2010-06-21 19:45 | コゲラ

島で出会ったメジロ

三宅島にはシチトウメジロという亜種が居ます。

普通のメジロより嘴が長いそうです。

最初はこのメジロもシチトウメジロかと思って一生懸命狙っていたのですが、
帰ってきて調べて見ると、どうやら普通のメジロのようです。

嘴も長いかな?と思いましたが、以前こちらで撮ったメジロと変わりません。
お腹の模様もシチトウメジロは淡い灰色で単一色らしいのですが、このメジロは
そうではありません。

f0230458_2049322.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時2010/05/06 16:03:24
Tv (シャッター速度)1/8
Av (絞り数値)2.5
露出補正-1
ISO感度100
焦点距離7.5 mm
ホワイトバランスオート

今日はツミが居るというある公園に初めて行ってみたのですが、
巣から落ちたオナガの雛に出会ってしまいました。
他の方が拾って、公園の端っこの木の根元に移動させたのですが、
親鳥は公園に遊びに来る子供達や親子連れが気になるらしく、
餌を与えるシーンは一度しか見ることができませんでした。
親鳥も雛の場所は認識しているので、これからも大丈夫だと思う
のですが、野良猫や子供達でも手が届きそうな場所に隠れている
ので、心配で気になって仕方ありません。
ここからは、この雛の持つ運と生命力に任せるしかありません。
暗くて写真にならなさそうだったので、ビデオを撮りました。
かなり後になると思いますが、アップします。
[PR]

by stray-robin | 2010-06-20 22:02 | メジロ

島で出会った渡り鳥たち:シロハラホオジロ 初見初撮り証拠写真

アカコッコ館のスタッフの方から”珍鳥がでてますよ”と言われて
現場へ直行。

しかし、実は前日の夕暮れに会っていたのでした。
その時写真をとったのですが、”なんだ普通のホオジロか”と思って、
写真を削除( ̄▽ ̄;)!!ガーン

じっとしてくれなかったり、会えた時間が遅かったりと撮影には大変苦労しました。

♀だと思います。
♂は顔や喉がもっと黒いよいうです。

日本では旅の途中で立ち寄る数少ない旅鳥だそうです。
主に日本海側の島嶼部で記録されているようです。
太平洋側にある三宅島での記録はこれまでにあるのでしょうか?

大きさは約15cm。スズメが約14~15cmぐらいですから、スズメと同じぐらいの
大きさですね。

でもって、写真です。
かなりレタッチしておりますので、撮影情報は参考になりません。

f0230458_21173198.jpg


システム        デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時          2010/05/08 14:08:31
Tv (シャッター速度)0.6
Av (絞り数値)    3.5
露出補正        +1/3
ISO感度        100
焦点距離        12.8 mm
ホワイトバランス    オート
----------------------------------


f0230458_2117459.jpg


システム        デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時        2010/05/08 14:09:46
Tv (シャッター速度)1/5
Av (絞り数値)    3.5
露出補正        0
ISO感度        160
焦点距離        12.8 mm
ホワイトバランス    オート
----------------------------------


f0230458_21175967.jpg


システム        デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時        2010/05/08 18:13:24
Tv (シャッター速度)1/6
Av (絞り数値)    2.8
露出補正        -1 1/3
ISO感度        200
焦点距離        9.6 mm
ホワイトバランス    オート
----------------------------------


f0230458_21181485.jpg


システム        デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時        2010/05/08 18:16:15
Tv (シャッター速度)1/5
Av (絞り数値)    2.5
露出補正        -1
ISO感度        200
焦点距離        7.5 mm
ホワイトバランス    オート
----------------------------------


f0230458_21182743.jpg


システム        デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時        2010/05/08 18:16:17
Tv (シャッター速度)1/5
Av (絞り数値)    2.5
露出補正        -1
ISO感度        200
焦点距離        7.5 mm
ホワイトバランス    オート
----------------------------------

警戒心は薄かったです。
”だいぶ疲れているんじゃないのぉ~”とアカコッコ館のスタッフの方も心配していました。

栄養付けて無事渡ってくれたかなあ~。

<小鳥メモ>
シロハラホオジロ(シロハラホオジロ (白腹頬白、英名:Tristram's Bunting)
スズメ目ホオジロ科ホオジロ属
体長約15cm。(スズメ:約14~15cm)

アムール、ウスリー地方から中国北東部で繁殖し、冬季は中国南東部に渡り越冬。
日本では旅鳥。数は少ない。
日本海側の島嶼部で少数の記録がある。

雑食性で、昆虫や木の実を食べる。
[PR]

by stray-robin | 2010-06-18 19:14 | シロハラホオジロ

島で出会った渡り鳥たち:ノビタキ 初見初撮り証拠写真

初めて会いました。
日差しも強く、枯れ草が多い良い場所ではなかったのですが、
車の中からこの子を見た瞬間、心臓の鼓動が激しくなりました。

日本では夏鳥です。
体長は約13cmです。
スズメが14~15cmぐらいです。

八重山諸島では越冬している個体もある とネットには書いてあったのですが、
他の方のブログでは最近は北関東でも越冬しているようです( ̄□ ̄;)!!

これも温暖化???

でもって、写真です。

↓初見初撮りです。構図なんてお構いなしです(^^;
f0230458_19392684.jpg




↓出会った時間が悪く、日が高過ぎて目に光が入りません(涙)
f0230458_19394330.jpg



f0230458_19395694.jpg



翌日同じ場所に行ってみましたが、姿はありませんでした。
すこし警戒心が強い子でした。
無事渡って、いまごろは高原で囀っているかなあ~。

今年は高原に会いに行ってみようかなあ。

<小鳥メモ>
ノビタキ(野鶲、英名:African Stonechat)。
スズメ目ツグミ科ノビタキ属。
体長約13cm。(スズメ:約14~15cm)

ユーラシア大陸中部、西部で繁殖。
冬期は南方へ渡る。
東南アジア、インド等では周年観察可。
日本では夏鳥。本州中北部で繁殖。
本州では高原、北海道では平地で生息。
主に虫を食べる。
[PR]

by stray-robin | 2010-06-16 20:02 | ノビタキ

島で出会った渡り鳥たち:サメビタキ

写真的にはイマイチですが、、、汗
遠征の思い出の一つというこで、、、汗汗

この鳥も華麗に虫をフライングキャッチしておりました。

地味な鳥ですが、リラックスして少し膨らんだ姿が可愛いですね。

f0230458_21293731.jpg


f0230458_21294753.jpg



<小鳥メモ>
サメビタキ(鮫鶲、英名:Dark-sided flycatcher、Siberian flycatcher、Sooty flycatcher)
スズメ目ヒタキ科サメビタキ属

分布:東は日本、西はアフガニスタン、南はマレーシア、北はカザフスタンととても
広く分布しています。
日本では夏鳥で、本州中部以北で繁殖します。

♂♀同色。食性は動物食で虫をフライングキャッチして食べる。しかし、秋の渡りの
時期にはミズキの実を食べたりもするとのこと。


今日はいよいよワールドカップでの日本の初戦(カメルーン戦)ですね。
ガンバレ!ニッポン!
選手の皆さんには、悔いが残らないようとにかく一生懸命プレーしてほしいです。
[PR]

by stray-robin | 2010-06-14 21:25 | サメビタキ