ハギマシコ:初見初撮り♪

イチ眼担いでで会いに行ってきました。

本題の前に、、、、、

f0230458_23123712.jpg



この写真も在庫からですので、今ではこれよりもだいぶ育っているはずです。
遠くからなので、霞んでしまっています。
ノートリです。

さて、ハギマシコです。
この鳥は冬になると日本にやってくる鳥です。
お腹の赤紫の紋様がハギの花の色に似ていることから、ハギマシコという名前がついて
いるそうです。木の実を食べます。お腹の赤紫の紋様は地味な色合いです。

”あまり綺麗な鳥ではないですよ”とベテランさんお二人から聞いていたのですが、
この淡い赤は日本人好みのような気がします。
私は好きです。
ただ、写真の腕がなく、この色をうまく引き出すことが出来ません(泣)
f0230458_23163834.jpg



f0230458_23183111.jpg



↓褐色が強いので♀でしょうか?強い光だと淡い赤は色が出にくいようなので、
♂の色がだせなかったのではないか?とも思ってしまいます。迷います。
f0230458_23181695.jpg



f0230458_23191799.jpg




f0230458_23193661.jpg




f0230458_23201223.jpg




f0230458_23195393.jpg




f0230458_232154.jpg



最後に飛び物の証拠写真を一枚。トリミング。
f0230458_2326643.jpg



それにしても、こんなに動きが速い鳥だとは思いませんでした。

一人で静かに観察できました。

<小鳥メモ>
ハギマシコ(萩猿子、英名:Rosy finch)
スズメ目アトリ科ハギマシコ属
体長:16cm(スズメ:約14cm)

分布域はヨーロッパやロシア西部を除く北半球広きに渡るようです。
日本では冬鳥。しかし、東北地方で居残る個体や北海道では営巣や巣立ち雛が観察されおり、
日本で繁殖している可能性もあるとのこと。

海岸、岩場、草原などに生息。
繁殖期意外は、数十羽から数百羽の群れで行動。
食性は植物食で、主に種子を食べる。
主に地表で採食。
[PR]

by stray-robin | 2011-02-28 20:02 | ハギマシコ

サカツラガン:追い詰められる鳥

今月雪が降る中会いに行ってきました。

初見初撮りだったのですが、事前にこの鳥について調べてみてちょっと可哀想になり、心から喜べる心境ではありませんでした。

この鳥は日本には希に来る冬鳥で、夏に中国の北部やサハリンで繁殖しています。

しかし、
・中国、ロシアでは狩猟対象であること(昔は日本も)
・越冬地が開発により荒らされている
などの理由から、近年大変数を減らしているそうです。

IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストでは絶滅危惧II類(Vulnerable, VU)に指定されているようです。
環境相のレッドリストでは情報不足扱いです。
”情報不足”。。。。一番やっかりだと思います。
状況がはっきりとわからないので保護のしようもないのだと思います。

様子を見ながら日本で静かに冬を乗りきってほしいと思いました。

写真はすべて一眼ものです。

↓10分ほど探し歩いたところ思いがけなく近くで会えました。
f0230458_2142126.jpg



↓後ろに写っているのはいつもこの鳥にくっついているマガンです。
f0230458_21425717.jpg



↓マガンはサカツラガンにべったりくっついております。親とでもおもっているかのようです。
見ていて微笑ましくなったりもします。
f0230458_21445055.jpg



このまま泳いで遠くへ行ってしまうのか???

↓と思ったら、陸に上がってきました。食事の始まりです。白鳥もいました。
f0230458_21451212.jpg



↓それにしてもいつも一緒です(笑)
f0230458_21464059.jpg



↓お恥ずかしいことに、白鳥についてよくわかっておりません。
嘴の付け根の黄色い部分が鼻孔まで届いていないのでコハクチョウだと思います。
大きさの比較になりますでしょうか?
f0230458_2147268.jpg



↓さあ食事です。地表の短い草を一生懸命食べていました。
f0230458_2149231.jpg



↓白鳥が通りかかったサカツラガンをガブリ!
同じものを食べるからでしょうか?白鳥の気に障ったようです。
f0230458_21531885.jpg



この後はちょっと白鳥を意識するようになりましたが、また何事もなかったかのように
食事をしておりました。

↓食事終了です。また水辺へ戻って行きました。
f0230458_21561047.jpg



日本を離れれば、また銃を向けられる環境へ戻って行くことになります。

生きろ!
[PR]

by stray-robin | 2011-02-25 21:57 | サカツラガン

コイカル:初見初撮り♪

今月初め、やっと会うことが出来ました。

興奮して心に余裕の無いせっかちな撮影になってしまいました。

カメラマンは私含めて10人もいませんでした。

たぶん私が会った前の週が人が多かったのではないかと思います。

その点は自分にとってはちょっとラッキーだったかもしれません。
♀も居たそうですが、私が行った時には居ませんでした。
その点はアンラッキーでした。。。。

すべてデジスコものです。動くので撮るのが難しかったです。

↓雰囲気はとても気に入っているのですが、ピント、構図、枝かぶりが
残念でした。パソコンでレタッチ済みです。
f0230458_19545760.jpg



↓比較的確り撮れました。図鑑写真、日の丸構図、証拠写真ですが(汗)
どうしても初撮りはこうなってしまいます。
f0230458_1955895.jpg



↓手前のイカルにピントがあっています。頭部の黒頭巾の違いがわかると思います。
コイカルの方が黒頭巾後ろに深いんですね。イカルは目尻までですが、コイカルは
もっと後ろまで黒い部分が覆っています。
f0230458_19552279.jpg



f0230458_1956469.jpg



↓後ろ姿です。羽の白い部分はイカルよりも明らかに大きいです。とてもクッキリとしています。
見分ける際のポイントにもなります。
f0230458_19562169.jpg



↓比較の為に以前載せたイカルの写真載せます。白い羽の部分の大きさが全然違います。
f0230458_2022077.jpg



↓正面顔です。けっこう怖い顔しております(笑)
f0230458_1957586.jpg



↓この写真好きなんですが、顔に木の実が被ってしまって(泣)
f0230458_19563326.jpg


[PR]

by stray-robin | 2011-02-23 20:40 | コイカル

コミミズク:初撮り♪

もう散々ネットで溢れているコミミズクですが、私はこれまで縁がありませんでした。

先月、初めて撮ることができました。
近くで見るのは子供の時以来ですから初見と言いたいぐらい感激しました。
人が多いのにはビックリしました。
それでもコミミが平気な様子なのにはもっとびっくりしました。

↓最初の出会い。と、、、遠い。。。
f0230458_20561472.jpg



↓出た!個性のない写真(^^;
なんだあの枝かあ~。といったところでしょうか。。。
初撮りなんだからしょうがないよ。。。。と自分を弁護(泣)
f0230458_20563596.jpg



↓上空の猛禽を警戒。これでも体を細くしているんです。
f0230458_20564687.jpg



↓『私のことも撮ってよ!もう!』といわんばかりのちかさでした(^^;
f0230458_20571396.jpg



f0230458_20572972.jpg



f0230458_20574839.jpg



飛び物です。
堤防の上のたくさんのカメラマンが写ってしまいました。
丁重に?トリミングさせていただきましたm(_ _)m
f0230458_20595169.jpg


写真はレタッチしています。

レンズが長すぎて苦労しました。
自分の下手さ加減がよくわかりました(涙)
近くを飛んでくれるので、飛び物狙いなら300mm~400mmぐらいのレンズでもよいぐらいです。

いつも初撮りはデジスコと決めているのですが、この日はなんとなく一眼を試してみたくてデジスコは持って行きませんでした。
やっぱり持って行けば良かったなあ~。

別の日にまた会いに行ったので、小鳥メモはまた次回に。
[PR]

by stray-robin | 2011-02-21 20:59 | コミミズク

ミコアイサ:気になる髪形

今日は遠征するつもりが、渋滞にはまってしまい急遽場所を変更。
キレンジャクに会うことが出来ました。
証拠写真ですが、後日アップしたいと思います。

さて、今日でミコは終わりにしたいと思います。

それにしても更新が遅い(汗)

同じ鳥を長時間見ていると、いままで気がつかなかったことに気がつくことがあります。

この日気がついたのはミコの頭部の羽毛の変化です。
いつもは均一にふさふさとした髪形なのですが、突如頭の羽がツンツンととんがったような
ヘアスタイルになるのを見たのです。

↓一番右端の個体がわかりやすいと思います。なにかを警戒しているのでしょうか?
f0230458_19295667.jpg



↓正面を向くとわかりにくいのですが。。。。
f0230458_19301456.jpg



↓として時折、左側の個体のように大きく胸を反らす行動をします。5羽すべてではありませんが、5羽のうち数羽がこのようなポーズをとっていました。自分の存在をアピールしているのでしょうか?ネットで調べてみたのですが、答えはみつかりませんでした。
f0230458_19303898.jpg




f0230458_19305247.jpg



↓正面顔はクロサングラスかけているかのように見えました。柄の悪いのが迫ってくるようで、すこしだけ迫力ありました(笑)
f0230458_1931595.jpg


[PR]

by stray-robin | 2011-02-19 19:52 | ミコアイサ

ミコアイサ:動と静

今回も次回もミコアイサの在庫からですm(__)m

前回と同じ日の写真です。

朝早く言ったら、ちょうどお目覚めの時間だったようです。。。。

というか、、、、私が起こしちゃったのかもしれません(^^ゞ

↓ポイントについたら近くで寝ておりました(汗)ミコのまぶたは白いんですね。
f0230458_21332891.jpg



↓と、思いきや寝ながら瞳を開けてちゃんと周りの状況を監察しています。
さすがそこは野生の生き物です。油断しません。
f0230458_21334086.jpg



↓起こしてしまったようです。ごめんなさい。
f0230458_21331662.jpg



↓でもって、急な場面転換ですが、遠くでくつろいでいたミコ達が急に飛び立ちました。
f0230458_21335070.jpg


慌ててカメラを振って連写するも、見れるのはこの一枚だけ。
しかもパソコンでちょっとシャープネス掛けています(泣)
構図的にもカメラが遅れてしまっていますね。
腕を磨かないと。

日影の動きものはSSが稼げないので辛いものがあります。


今回はミコの寝姿を載せましたが、こういう写真は生き物にとって安心で静かな環境が
あってこそ撮れるというもの。
テレビの自然番組などを見ていると、そういう場所がどんどん減ってきているようなことも
紹介されたりしますが、ちょっと悲しくなったります。

次回のミコは『つっぱり、リーゼント』です。
これってまだある言葉でしょうか?もしかして、もはや死語???
[PR]

by stray-robin | 2011-02-14 20:42 | ミコアイサ

ミコアイサ:在庫より。5羽になりました。

今日は雨が降らないうちに鳥見にでかけてみましたが、目的の鳥には
会えませんでした(泣)

さて、いつものことですが今日の写真も先月の在庫からです。

ミコアイサが5羽に増えていました。

今はどうなっているのだろう????

たぶん5羽のまま居ると思います(^^;

↓気合い入れて出掛けたら、朝早すぎて暗くて写真になりませんでした。すべて一眼ものです。
f0230458_20284829.jpg



たくさん撮りました。
ここは朝は日が当たらないので、撮影に厳しいです。
昼間は寝てる時間が多いので、時間がもったいなく感じ、いつも無理して
行動が活発な朝狙いで会いに行きます。。

↓漸く5羽まとまってくれました。
f0230458_20285976.jpg



f0230458_20291375.jpg



f0230458_20292597.jpg



f0230458_20293641.jpg



♂に会えるのはうれしいですが、今年は♀がいないのがちょっと寂しいです。

<小鳥メモ>
ミコアイサ(神子秋沙、巫女秋沙、英名:Smew)
カモ目カモ科ミコアイサ属。

渡り鳥。
日本では冬鳥。
ユーラシア大陸北部の寒帯地方で繁殖。
冬季には、ヨーロッパ、カスピ海からインド北部、中国東部などの温帯地方に渡り越冬。日本では冬鳥として九州以北に飛来。
北海道では少数が繁殖しているとか。

食性は動物食で、潜水して貝類や甲殻類、魚類等を食べるが、他のアイサ類に比べると魚類以外の生物を採ることが多い。
[PR]

by stray-robin | 2011-02-12 17:35 | ミコアイサ

イカル:再び

東京もこれから雪になるみたいです。
しかも明日は昼間も雪が降るとか。
予報では積雪5cm。

明日納車なんですよねえ~~。
天は味方してくれないみたいです(泣)

さて、今日の写真です。

前日イカルを撮ったその翌日は、海へコクガンの様子を見に行く予定だったのですが、
天気予報を見ると典型的な西高東低の気圧配置。
等圧線も狭くびっしりと(^^;

こりゃあ、寒そう。。。起きれるかなあ。。。。。

で、、、やっぱり起きれず(笑)、風が強く寒いので海は止めてまたイカルに会いに行きました。

結局は地上でも風が強くて寒かった(>_<)

私が行くとすでにコイカル狙いのカメラマンが4、5人いらっしゃいました。

コイカルは昨日同様居ませんでしたが、大人しくしていたら餌探しに夢中なイカル達
が少しづつ近くに来てくれました。
しずかに眺めていると、あちこちでパチン!パチン!という音がします。
木の実の皮をむく音なのでしょうか?結構賑やかでした。

この日も大きめに狙いました。デジスコです。
f0230458_19571491.jpg



f0230458_19572528.jpg



f0230458_19573415.jpg



↓ちょっとお気に入り。
f0230458_19574380.jpg



鳥のことを書くのを忘れておりました。

この鳥は冬鳥なのかと思っていたら、一昨年の初夏に高尾山の頂上付近に居たのを見て
びっくり。一年中日本にいるのですね(汗)

名前の由来はよくわかった居ないそうです。奈良県の斑鳩とは関係がないみたいです。
ネットではこの鳥を”斑鳩”と書くのは間違っているという情報がありました。

<小鳥メモ>
イカル(斑鳩、鵤、学名:Japanese Grosbeak)
スズメ目アトリ科。
体長:約約23cm(スズメ:約14~15cm)

ロシア東部の沿海州方面と日本で繁殖し、北方の個体は冬季に中国南部に渡り越冬。
日本では北海道、本州、四国、九州の山林で繁殖するが北日本の個体は冬季は本州以南の暖地に移動。

木の実や草の種子を採食する。時には、昆虫類も食べている。
[PR]

by stray-robin | 2011-02-10 22:40 | イカル

ビンズイ

イカルを撮りに行ったら、偶然この鳥を見ることが出来ました。

木の枝の上に飛び上がって、体を上下に揺らすのを見るとまずこの鳥を予想します。

だいたい当たりです(^^)

セキレイの仲間なんですね。どうりで体を上下にするわけですね。

日本では夏鳥としてやって来るものと、漂鳥として日本で過ごすものが居るそうです。

人的には地味な鳥だと思います。

夕暮れで手前が影になってしまいました。
ちょっと撮りずらかったのですがなんとか。。。。
f0230458_1916215.jpg



↓こうして見てみると、足の指?爪?が長いんですね。
f0230458_1916325.jpg



f0230458_19164692.jpg



<小鳥メモ>
ビンズイ(便追、学名:Olive-backed Pipit)
スズメ目セキレイ科。
体長:約体長15-16cm(スズメ:約14cm)

西シベリアからロシア極東、サハリン、朝鮮半島、中国東北部、ヒマラヤ付近で繁殖。
冬季はインドや東南アジア、フィリピン、台湾などの温暖な地域に渡り越冬。
日本には漂鳥または夏鳥として四国以北の山地で繁殖し、冬は暖地に移動。

繁殖期の主食は昆虫類やクモ類、非繁殖期は植物の種子などが主食。
主に地上で採食。

年2回繁殖することが多い。
[PR]

by stray-robin | 2011-02-08 19:49 | ビンズイ

イカル:今季初撮り♪

世間のブログではもうとっくに溢れているイカル。

ようやくアップです(汗)

この日はデジスコを担いで久しぶりにある公園へ。

で、、、、今年も会うことが出来ました(^^)

このときはコイカルは抜けてしまった後でしたが、そういうこと以前に
イカル達に会えてうれしかったです。

たくさん居ましたが、今日はデジスコらしく大きく撮った写真をアップします。

f0230458_22374416.jpg



f0230458_22375331.jpg



鳥が来ないと行かない無礼者にも公園のベテランさん達から親切に
声をかけていただきました。

うれしいものです♪

それから、今日はコイカルを探しに行って初見初撮りができました(^^)

これまたうれしかった♪♪
[PR]

by stray-robin | 2011-02-05 19:00 | イカル