ある日の高原・・・惨敗(泣)

ニッコウキスゲが咲き始めたというのを聞いて、カメラマンが少なくなる夕方狙いで高原にでかけて見ました。

しかし、、、、思うようには撮らせてもらえず惨敗です。。。。

証拠写真ばかりですが、これも私の軌跡ということでアップします。

↓ウグイスが強風の中、木の上で姿丸出しで元気に囀っていました。
都会では、声は聞こえてもこのように姿を見ることができません。
f0230458_20511642.jpg


背景がなんだかウグイスの色に近くて主役が目立っていないですね(汗)


↓ノスリのシルエット。
f0230458_2052123.jpg




↓鉄の鳥。
f0230458_2052268.jpg


人の様子が意外と良くわかる???

ノスリがこんな風に撮れたら良かったんですが(泣)

粘ってみたのですが、名物の?霧が出てきました(大泣)
ホオアカです。
f0230458_20543461.jpg



ほんとうは『コバイケイソウ』という花にノビタキが止まってくれるのを期待してでかけたのですが、この花は4年に一度ぐらいのペースでしか咲かないそうです。オリンピック並み???

#寒いところでは、土の養分がなかなか溜まらないので、養分が溜まった年に咲くのでそういうペースになるとか。勉強不足でした。。。。

↓昨年は偶然満開にでくわして夢中で撮ったのですが、花の終わり際で枯れた花が混じってしまいました。
f0230458_20584753.jpg



今年はリベンジのつもり行ったのですが、見事玉砕でした。。。。
[PR]

by stray-robin | 2012-07-29 21:02 | 鳥見

今頃は。。。

以前載せた個体です。

見に行くといつも一羽で佇んでいました。

もう雛も巣立ったんだろうなあ~。

f0230458_2011695.jpg


[PR]

by stray-robin | 2012-07-27 20:02

高原のチビ:花には止まってくれませんでした(泣)

日が暮れてきても、チビ達は相変わらず飛び回っていました。

結局花には止まってくれませんでしたが、なんとか花を入れて一枚。

f0230458_20543290.jpg



暗くなってきたので、撮影は厳しかったですね。

チビの写真はこれでお終いです。

元気にしてるかなあ~。
[PR]

by stray-robin | 2012-07-24 20:57 | ノビタキ

ノビタキ:チビの両親です。

これまでに紹介してきたチビの両親です。

ありふれた普通の写真ばかりですが、足跡として残しておきます。

親心でしょうか?

まずはお父さんです。

人間を恐れずに近くに来てこちらの様子を伺います。

f0230458_16453646.jpg



f0230458_16455158.jpg



目的の花絡みは強風と逆光とでなかなか思うように撮らせてもらえませんでした(泣)

おまけに枯れ草に止まることが多かったですね。

それでも、グリーンバックで季節感はおぎなえているでしょうか。

今度は木の枝からこちらを見下ろすようにして威嚇です。空抜けですが。。。。
f0230458_16482562.jpg



f0230458_16483820.jpg



次はお母さんですが、お父さんばかり撮っていたら、時間切れでこの程度しか残せませんでしたm(__)m

f0230458_1655095.jpg



これはちょっと花が絡みました(^^;
よく見ると、頭の羽が一枚?ツンっと立っています。
親はなりふり構わず一生懸命子の面倒を見るということでしょう。
f0230458_16551476.jpg




次回はこの他になんとか撮れた花絡みの写真を紹介します。


これから英語の勉強と仕事だあ。。。。。(泣)


<小鳥メモ>
ノビタキ(野鶲、英名:African Stonechat)。
スズメ目ツグミ科ノビタキ属。
体長約13cm。(スズメ:約14~15cm)

ユーラシア大陸中部、西部で繁殖。
冬期は南方へ渡る。
東南アジア、インド等では周年観察可。
日本では夏鳥。本州中北部で繁殖。
本州では高原、北海道では平地で生息。
主に虫を食べる。
[PR]

by stray-robin | 2012-07-22 17:04 | ノビタキ

高原のチビ『お母さんが来た!』

想像できると思いますが、チビ達はあちこち動き回ります。

平気で人間の前に飛び出してきます(笑)

前回の写真がその時のものでした。

親鳥は大変です。

私がそばにいるもんですから、なおさら気が気でないようです。

時々、餌ででも釣るかのように、チビ達を私から離れた遠くの方へ誘導していたかのようにも見えました。

そんな訳で、ちょっと遠くのチビです。

f0230458_20405482.jpg



お母さんが餌を口にして近づいてきました。
すごいアピールぶりです(笑)
f0230458_20411331.jpg



食べ盛りでごはんほしいもんね。
f0230458_20412636.jpg


[PR]

by stray-robin | 2012-07-19 20:44 | ノビタキ

高原のチビ

高原の続きです。

今年は去年みたいには都合良く撮れないなあ~、、、と弱音を吐いた夕暮れ。

なにやら『ジャッ、ジャッ』と鳴きながら茂みから出てきた鳥がいます。

ん???

目慣れぬ鳥かと思いきや、ノビタキのチビでした。

f0230458_18274613.jpg



f0230458_1828668.jpg



可愛いですねえ~♪

兄弟も居ました。

もちろん、両親も一生懸命餌運びをしていました。

これから先の世界は危険が一杯。

本日も他の鳥の雛達がカラスに狙われているのを目撃しました。

無事生き抜いて、来年もまたここに戻ってきてほしいなあ。

今回はかろうじて花に絡めて撮ることもできました。

それはまた後日紹介します。

話は変わりますが、東京が暑さで偉いことになっています(>_<)

扇風機をぶんぶん回しています。

高原の涼しさが恋しい季節が始まりましたね。



明日から出かけます。

更新はまたちょっとお休みします。
[PR]

by stray-robin | 2012-07-15 20:10 | ノビタキ

いつもとは雰囲気が違うね♪

高原でカワラヒワに会いました。

私が住む平地では、冬でないと会えません。

冬枯れした草木と一緒にしか見ないので、こういう風にして見るととっても新鮮。

f0230458_20285118.jpg



f0230458_20302146.jpg



これから出かけます。

素敵な出会いがあると良いのですが♪
[PR]

by stray-robin | 2012-07-13 20:33 | カワラヒワ

高原で会うのは初めてだね♪

ストレスで悩んではいても、鳥見には出かけておりました(笑)

私にとっては大事なストレス発散です(^^)

先月末に高原に行ってきました。

花に囲まれてコヨシキリが鳴いていました。

f0230458_2171560.jpg



f0230458_2175370.jpg




地元の川原、富士山の麓、そしてここでも会えるとは、いろんなところにいるのね。

元気いっぱい囀る姿は、山の中のミソッチを連想させるほどです。

すでにカメラマンの方々が数人来ていました。

これからはもっとにぎわうんでしょうね。

<小鳥メモ>
2012.7.11コヨシキリ
コヨシキリ(小葦切、英名:Black-browed reed-warbler)
スズメ目ヨシキリ科

日本では夏に繁殖の為に飛来する夏鳥。
西はインドから東はロシア東部までアジア圏に広く分布。

全長13.5cm。

草原や葦原に棲息。
動物食で、昆虫類を食べる。

小さな体からオオヨシキリのような声を発して囀る。
[PR]

by stray-robin | 2012-07-11 21:23 | カワセミ

静かな、、、とても静かな鎮守の森で

本当に久しぶりの更新です。

仕事のストレスでず~っと更新する気分になれませんでした。

その間、懇意にしていただいている方々からは心配して声をかけて頂きました。

ありがとうございました。

さて、久々の更新に登場したのはアオバズクです。

鳥見をする人にはおなじみの鳥ですね。

もうあちらこちらで話題になっていることでしょう。

滅多に人が来ない静かな神社の木に居ました。

f0230458_1958879.jpg



f0230458_19583232.jpg



近かったですね。

いつも人慣れして寝てばかりいるアオバズクを撮っている私にとって、こんなにまん丸の瞳のアオバズクを撮れるというのは、貴重な経験でした。

これ、要は人間を警戒しているってことですよね。

長居はかわいそうなので、早々に引き上げました。

とても静かな鎮守の森。

鳥たちにとっても大事な子育ての場所。

都会に住んでいて、こういう静かな場所にくると、ほっとしますね。

人にとっても、貴重な場所???
[PR]

by stray-robin | 2012-07-09 20:08 | アオバズク