ほお~、、、これが。。。

タカサゴモズですか。。。。。。

日本では迷鳥、またはまれな冬鳥ということで、大変めずらしいそうです。

キレイですね~。

遠かったですけど(^^;

以前から話は聞いていましたが、人が多いと聞いていたので足が向きませんでした。

人が少なくなってきたと聞いたので、昨年末に会いに行ってみました。

鳥見の人は常時10人ぐらいだったかな。

↓会えて良かった。
f0230458_18235738.jpg

TSN-884+TE-17W+RX100 f4.5 1/100s -1.3EV ISO200 2100mm相当

f0230458_18241164.jpg

TSN-884+TE-17W+RX100 f4.0 1/125s -1.3EV ISO200 1700mm相当

f0230458_18242839.jpg

TSN-884+TE-17W+RX100 f4.0 1/80s -0.3EV ISO200 1800mm相当

f0230458_18244374.jpg

TSN-884+TE-17W+RX100 f4.0 1/60s -0.7EV ISO200 1800mm相当

f0230458_182579.jpg

TSN-884+TE-17W+RX100 f4.0 1/60s -0.7EV ISO200 1800mm相当

トリミングしようかと思いましたが、やめてそのまま載せています。

2枚目以外はパソコンで化粧しています。

しかも日の丸構図ばかり(汗)


同じ場所に居たベテランさん(キャノンから64の新型レンズを無料でモニター用に貸与されているそうです。スゲー!!!)が、タカサゴモズは餓死するケースが多いと仰っていました。

寒いと餌がとれないので。。。。ましてや雪が降ってしまうと。。。。

常連さん達も皆さん無事年を越してほしいと仰っていました。

私もベテランさんの話を聞いてだいぶ心配しましたが、その後調べて見たところ、今でも元気に過ごしている様です(^^)

大雪にも負けなかったんですねb(^^)d


ここは基本的に人が入れない自然豊かな場所。

ツグミ、カシラダカ、ホオジロ、アオジ、オオタカ、ノスリ、様々なカモ類などなどたくさんの鳥も居る場所。

餌も豊富にある証拠なのかもしれません。

春の旅立ちまで、元気に過ごしてほしいと思うのでした。

<小鳥めも>
やはり情報が少ないですね。

タカサゴモズ(高砂百舌、英名:Long-tailed shrike)
スズメ目モズ科モズ属
全長24-25センチメートル(普通のモズ:全長19-20 cm)

日本にはほとんど来ることのない鳥で、中国南東部やベトナム北部で繁殖している鳥だそうです。

分布的には、中国南東部から以西でアフガニスタンあたりまでいる見たいです。

どうして日本に来てしまったの????

ベテランさんは、『材木を運ぶ船に乗ってやってくることもある』と言っていました。

生態的には、名前のとおりで普通のモズと同じようです。

ん???これだけ(^^ゞ
[PR]

by stray-robin | 2013-01-26 18:45 | タカサゴモズ

白いほっぺ

体調も回復しましたので、本日ようやく本年最初の鳥撮りに挑戦してみました。

しかし、無謀にもいきなり難敵のハイチュウを狙い夜明け前から出撃するも見事に撃沈(泣)

ハイチュウは300mほど遠くを悠々と舞っておりました。。。。

要はボウズってことです(大泣)

さて、本日の写真はホオジロガモです。

会うのはこれで二回目です。

以前は500mぐらい先の豆粒の姿しか見れませんでしたが、今回は最短で20mだったかな?

近さでは新記録です。

初めて見るのも同然なので、絵にするとかそういう心の余裕は無く、とにかく確り撮りたくて必死にシャッターを切って撮った写真なので、図鑑写真みたいなものばかりになってしまいました。

逃げられないように、途中から856をセットして完全にしゃがみ込みながら産卵後のウミガメが海へ帰るみたいに、砂地をズリズリとお尻をずらしながらやっとのこと川辺にたどり着きました。

砂地には私のお尻の後が(笑)

ジーンズのポケットの携帯電話が無くなっていてかなり焦りましたが、振り返ったら1mほど後ろの川砂の上に落ちてました。あ~、良かった(^^;

大砲を片手で持ちながら移動するのはとてもしんどかったですが、またひとつ良い思い出ができました。

↓川辺にしゃがみ込んでじっとして撮影していたら気を許してくれたのか近づいてきてくれました(^^)
これだけトリミングしてみました。
f0230458_18433764.jpg

EOS7D EF800mm F5.6L f9.0 +1EV ISO400 1/1250s

f0230458_1843921.jpg

EOS7D EF800mm F5.6L f9.0 +1EV ISO400 1/1600s

f0230458_18435458.jpg

EOS7D EF800mm F5.6L f7.1 +1/3EV ISO500 1/2000s

f0230458_1844473.jpg

EOS7D EF800mm F5.6L f7.1 +1/3EV ISO500 1/2000s

↓♀を撮ったつもりでしたが、中央に写っているのは♂の幼鳥でした。♀は幼鳥も成長もほっぺの白い斑はありません。
f0230458_1845182.jpg

EOS7D EF800mm F5.6L f7.1 +1/3EV ISO320 1/1250s

↓小さいんですが、この写りが一番気に入っています。
f0230458_18452282.jpg

EOS7D EF800mm F5.6L f7.1 +0EV ISO320 1/1600s

以前見た時は、このシーンを遠くから眺めていました。
f0230458_18453883.jpg

EOS7D EF800mm F5.6L f7.1 +0EV ISO320 1/1600s

f0230458_1846431.jpg

EOS7D EF800mm F5.6L f7.1 +0EV ISO320 1/1600s

以上、図鑑写真みたいなものですが、先輩方はいろんな鳥を季節感たっぷりに撮ってるんですよね。

うらやましいなあ~。
[PR]

by stray-robin | 2013-01-20 19:18 | ホオジロガモ

やっぱり遠かったなあ~。。。。

ハイイロチュウヒ。。。。

f0230458_205605.jpg

EOS7D EF800mm F5.6L f6.3 +2/3EV ISO400 1/640s トリミング&レタッチ有り

キレイだったなあ~。

でも、彼らの餌場が農地開発でどんどん狭まっています。

というか、去年と比べるとほとんど無くなってしまいました(泣)

『そんなに柔(やわ)じゃない』と信じたいところですが、心配です。

もう一度行きたいと思ったのに、水疱瘡。。。。。

やれやれな年末年始でした。
[PR]

by stray-robin | 2013-01-15 21:04 | ハイイロチュウヒ

今年もよろしくお願いします

年末年始に病気を患ってしまい、まだ病み上がりの状態で体長がすっきりしません。

まだ今年は鳥見をしていませんが、また楽しい出会いのあることを楽しみしています。

今日の写真は昨年の在庫からですが、マヒワです。

前回のルリビタキの続きです。

ルリビタキが近づいてきてくれるよう木に化けたつもりでじっと待っていたら、目の前の木にマヒワの群れがどっと押し寄せてきました。

びっくりです。

縁の薄い鳥ですので、この上なく幸せな時間でした。

↓これ以上引けませんでした(^^;
f0230458_1761547.jpg




f0230458_1763141.jpg



↓体が傾いて不自然かもしれませんが、私に気がついてから警戒して体を左右に振っているところです。
f0230458_1765499.jpg



ほんの2分ほどの出会いでしたが、近かった分とても思い出に残る出来事でした。

↓山繭蛾の繭が寒空の下で青く輝いておりました。
f0230458_1715193.jpg



昔はこの繭からも糸をとっていたのですよね。
中にはサナギがいるのではないか?と思って家に帰って調べてみましたが、この時期の繭の中は空だそうです。
8月に羽化して蛾は居なくなっているんですね。

↓紅葉バックの冬桜です。寒桜ではありません。
f0230458_17311340.jpg



冬桜と寒桜の違いがわからなくて調べて見ました。

冬桜:11月~12月と春に咲く(二度咲き)。一気に咲くのではなく、一輪づつ少しづつ咲く。花の白は色。
寒桜:3月上旬頃に一度だけ一気に咲く。花の色は淡い紅色。

ここは山の上の公園ですが、冬のせいか人影が少なくてとてもしずかな時間を過ごすことができました。
[PR]

by stray-robin | 2013-01-12 17:42