普通に、、、ホオアカです。

せっかくの休日も天気が悪くては鳥見にも行けません(T_T)

ここぞとばかりにすっかりペースが鈍くなっているブログ更新です(^^ゞ

さて、今日の鳥はホオアカです。

高原に行くとこの鳥にもよく会いますね。

野鳥を見る人にはお馴染みとも言える鳥ではないでしょうか?

私が訪れた高原でもあちこちでさえずっていました。

私にとっては夏鳥ですが、西のほうでは留鳥として周年見られる場所もあるそうです。

f0230458_16165073.jpg



f0230458_1617858.jpg



私が会った時には、大地はまだ冬枯れの様相でしたが、いまではすっかり緑に覆われていることでしょう。

新緑の大地と一緒に撮ってみたいですね。

そして今年も無事に子育てができるといいですね。



<小鳥メモ>
ホオアカ(頬赤、英名:Chestnut-eared bunting,Grey-headed bunting)
スズメ目ホオジロ科ホオジロ属

夏はロシア南部からヒマヤラや山脈南西部にかけて分布して繁殖。
北で繁殖した個体は、冬になると朝鮮半島南部~インドシナ北部にかけての温かい場所へ渡り越冬する。。
日本では本州西部以西では留鳥として繁殖している個体もいるが、それ以外は夏鳥。
高地で繁殖されるとされていたが、山口県では海岸近くの低地での繁殖が確認されている。

全長:15-16.5cm(ホオジロは全長17 cmほど)

食性は雑食性。昆虫、木の実、種子などを食べる。

絶滅危惧種には指定されていないが、開発による生息地の破壊や、獲物の減少等により生息数は減少している。
[PR]

by stray-robin | 2014-06-07 16:16 | ホオアカ