ブログ引っ越ししました。

画像の容量が1Gを超え始めましたので、有料サービスにしようか悩みましたが、結局他のブログへ引っ越すことにしました。


↓↓↓↓↓↓↓↓引越し先↓↓↓↓↓↓↓↓
小鳥との軌跡2

こちらのブログとは使い勝手が違うので、ちと苦戦しています。
[PR]

by stray-robin | 2015-12-22 18:35

オオヒシクイ 初見初撮り♪

まだ蕪栗沼が続きます(^^;

5年前に訪れたときには蕪栗沼のことは良くわからないまま一度だけ夕刻に立ち寄っただけでした。

今回訪れて、ここにはオオヒシクイが居るということを初めて知りました(汗)

ということでポイントを訪れてみたら、こちらでいうカルガモみたいに普通に居ました。

f0230458_2235156.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 +2/3EV ISO500 1/1600s トリミング

f0230458_224780.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 +1EV ISO500 1/2000s トリミング

f0230458_2243177.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 0EV ISO500 1/2500s トリミング

f0230458_2262113.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 +1EV ISO500 1/2000s トリミング


f0230458_2263435.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f7.1 +1/3EV ISO500 1/1600s トリミング

以前、ヒシクイを載せたこともありますが、オオヒシクイなのではないか?  という疑念が未だに晴れませんが、
今回は現地の人に教えてもらったので、間違いなくオオヒシクイだと考えています。

以前載せたものは北海道で撮影したものですが、手元の野鳥図鑑によると、日本にやってくるヒシクイの80%はオオヒシクらしいです。

嘴と体の大きさで判別するらしいのですが、遠いと小さく見えますし、いつも並んでいるわけでもないですし、私には判別が難しそうです.......

みんなのんびり過ごしていました。

ここは貴重な越冬地なんだと改めて思いました。
[PR]

by stray-robin | 2015-12-21 19:35 | オオヒシクイ

ベニマシコ♀

蕪栗沼で道を歩いていたら、突然目の前にベニマシコの小群れが現れました。

オスは撮り逃しましたが、なぜかこの子は比較的近くにとどまってくれました。

慌てて撮影態勢に入ってなんとか写すことができました。

f0230458_0104725.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L 1/2500s f7.1 +2/3EV ISO500 トリミング

あのオス。

撮りたかったなあ。。。。
 
[PR]

by stray-robin | 2015-12-18 21:27 | ベニマシコ

チュウヒ

蕪栗沼でマガンの飛び立ちを撮っていたら猛禽の姿が見えました。

チュウヒでした(^^)

地元の人の情報ではハイチュウ♀もはいったのですが、これから載せる個体は2個体とも羽裏に明瞭なタカ班がありません。 いずれもチュウヒだと思います。

それにしても遠かった。 トリミングしていますが、生き物好きとしては邪魔しない範囲でもう少し近くで見たかったですね。

たくさん撮れましたので適当に選んで貼ることにしました。


f0230458_2156521.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L 1/1000s f7.1 +0EV ISO500 トリミング

f0230458_21561322.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L 1/800s f7.1 +0EV ISO500 トリミング

f0230458_2157168.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L 1/800s f7.1 +0EV ISO500 トリミング

f0230458_21572422.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L 1/1000s f7.1 +0EV ISO500 トリミング

f0230458_21573513.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L 1/800s f7.1 +0EV ISO500 トリミング

f0230458_2158010.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L 1/320s f7.1 +1EV ISO500 トリミング

f0230458_21581394.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L 1/320s f7.1 +1EV ISO500 トリミング

f0230458_2159040.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L 1/2500s f7.1 +1EV ISO500 トリミング

f0230458_21591172.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L 1/3200s f7.1 +1EV ISO500 トリミング

f0230458_21592591.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L 1/2500s f7.1 +1EV ISO500 トリミング
[PR]

by stray-robin | 2015-12-16 22:36 | チュウヒ

コハクチョウとオオハクチョウ

蕪栗沼の続きです。

伊豆沼もそうですが、もちろんハクチョウ達が来ていました。


↓青空を舞うハクチョウは本当に綺麗です。 青空の中手前のマガンと交錯するように飛んでいました。
f0230458_29726.jpg

EOS5DM3 EF800mmf5.6 f5.6 +1EV ISO1000 1/3200s


撮ったハクチョウはすべてコハクチョウかと思いましたが、よく見たら違いました(^^;

↓わかりづらいですがオオハクチョウの家族です。
f0230458_295455.jpg

EOS5DM3 EF800mmf5.6 f5.6 +2/3EV ISO1000 1/4000s
別の角度の写真で調べたら、嘴の黒い部分が下のハクチョウよりも少なかったです。


↓こちらはコハクチョウです。嘴の黒い部分が多く額まで届いています。
f0230458_210476.jpg

EOS5DM3 EF800mmf5.6 f5.6 +2/3EV ISO1000 1/5000s

f0230458_2101573.jpg

EOS5DM3 EF800mmf5.6 f5.6 +2/3EV ISO1000 1/5000s

f0230458_2103127.jpg

EOS5DM3 EF800mmf5.6 f5.6 +2/3EV ISO1000 1/5000s

ハクチョウは他にも是非撮ってみたいポイントがあるので、後で訪ねてみたいと思っています。
[PR]

by stray-robin | 2015-12-13 22:20 | コハクチョウ

保護猫の譲渡会のお知らせ

今週の土曜日、品川区にて保護猫の譲渡会が開催されます。

私もボランティアとしてサポートさせて頂きます。

近くにお住まいの方は是非お立ち寄りください。

情報を広めていただくだけでも助かります。

f0230458_23481673.jpg


[PR]

by stray-robin | 2015-12-10 23:51 | ボランティア

みんなの空    気球と鳥達

蕪栗沼で鳥達を撮影していたところ、なにやら遠くの空に丸いものがたくさん浮かんでいるではありませんか。

なんと! 気球です!

距離があるのと空気が霞んでいるのですっきりとは写せませんでしたが、鳥達が手前を通り過ぎるのを狙ってシャッターを切ってみました。

↓ハクチョウです。
f0230458_20283563.jpg

EOS5DM3 EF800mmf5.6 f7.1 +1EV ISO1000 1/2000s トリミング

↓マガンとオナガガモです。
f0230458_21342827.jpg

EOS5DM3 EF800mmf5.6 f7.1 +1EV ISO1000 1/2500s

↓こちらはマガンが中央に写っていますが、右下にはチュウヒの姿も。
f0230458_20234639.jpg

EOS5DM3 EF800mmf5.6 f7.1 +1EV IS800 1/2000s

ネットで調べてみたところ、宮城県大崎市の岩出山というお山で開かれていたバルーンフェスティバルのようです。

この光景をみて、人と生き物とで上手に空を分かち合えたら良いと思いました。
[PR]

by stray-robin | 2015-12-10 23:40 | 気球

マガンの飛翔シーン

翌日も蕪栗沼に行ってみました。

朝の蕪栗沼を訪れるのは初めてです。

日が登る前にたくさん飛び立ってしまったので、写真はボツ。載せるほどのものがありません007.gif

パソコンと思い出に閉まっておくことにします。

その代わり、日が昇ってから飛んで来るマガンを撮影することができました。

マガンの飛び立ちやねぐら入りは風景として撮るのが好きですが、生き物好きとしてはやはりマガンを大きく写したいとも思います。

↓成鳥の飛翔です。幼鳥にはお腹の紋様がないそうです。
f0230458_2036036.jpg

EOS7DM3 EF800mm F5.6L 1/2500s f5.6 +1EV ISO1000 トリミング

↓首の向きが変ですが、少し人間を気にしているようでした。
f0230458_20361140.jpg

EOS7DM3 EF800mm F5.6L 1/2500s f5.6 +1EV ISO1000 トリミング

↓もう少し大きな群れでしたが、トリミングしました。
f0230458_20361891.jpg

EOS7DM3 EF800mm F5.6L 1/3200s f7.1 +1EV ISO1000 トリミング

↓トリミング無しです。もっと大きな群れが飛んできますが、そういうのを撮ると鳥が小さくなってしまうので、これぐらいで。
f0230458_203627100.jpg

EOS7DM3 EF800mm F5.6L 1/3200s f7.1 +1EV ISO800



<小鳥メモ>
マガン(真雁、英名:Greater white-fronted goose)
カモ目カモ科マガン属

分布
マガンはカナダ、アラスカ州、シベリア東部で繁殖し、冬季になるとアメリカ本国、韓国、中国、日本、メキシコなどに南下して越冬する。

日本には冬鳥として飛来する。

世界的には4種類が生息。
・ヒメマガン
・キバシマガン
・マガン
・オオマガン
生息場所はほとんど重ならない模様。

全長65-86センチメートル(マガモはは体長50-65cm)
♂♀同色。
体色は全体的に褐色で、体の後部に行くに連れて黒みが強くなる。
成鳥の腹部には不明瞭な横縞がある。
額から嘴にかけて白い部分がある。嘴はピンクや橙色。
後ろ足も橙色で、嘴の色と同じに見える個体もいる。
幼鳥には額の白い部分とお腹の紋様が無い。

日本の越冬地では、主に田んぼの落穂や雑草を食べる。
雑草の比率が高いとか。
また、ブルーベリーを食べていた という例もあるとのこと。
http://www5.famille.ne.jp/~kabukuri/06wildlifes1.htmlの『マガンはタニシやドジョウを食べるの?』の章にて。


湖沼、湿原などに生息。

日本では狩猟により一時的に数が激減した。
伊豆沼が越冬地として1971年に国の天然記念物に指定されている。
環境省レッドリストでは、NT(準絶滅危惧種)に指定されている。
[PR]

by stray-robin | 2015-12-07 20:39 | マガン

月夜とマガン

夕方、伊豆沼の近くの蕪栗沼を訪れてみました。

だいぶ暗くなり、振り返ると月をバックにマガンがねぐらに向かって飛んでいました。


f0230458_20362488.jpg

EOS7DM2 EF24-70mm F2.8L 24mm 1/125s f2.8 -1EV ISO1600

マガンの鳴き声が夜空に響いていました。

この地ならではの風情だと思いました。

月夜の撮影はほとんど撮ったことがなく、月が白く飛んでしまっているので露出を勉強しないといけないと思いました。
[PR]

by stray-robin | 2015-12-05 22:27 | マガン

マガンの飛び立ち   伊豆沼

あっという間に時間が過ぎてしまいましたが、11月の連休にマガンの飛来地として有名な伊豆沼に遠征してみました。

この地を訪れたのは5年ぶり2度めでした。

やはり遠かったなあ。。。

遠征 というぐらいですから当たり前かもしれませんが。

写真はたくさん撮れましたが、整理不能状態に。。。

急いで選んでみたものの、、、、意に反して同じような写真も多い(汗)

でも、、、、それぞれが捨てがたい。。。

さてどうしようか????

と考えていたら、『そうだ、フォトムービーにしてみよう』と思い立ちました。

で、、、作ってみたのですが写真よりも解像感が良くなくちょっと不満。

でも改良できるのかどうかもわからず、時間もないのでそのまま足跡として残すことにしました。

↓初めて作ったフォトムービーです。


久々に訪れた伊豆沼ですが、出発前に調べたところ、私が前回訪れた翌年の2011年(だったかな?)のネットニュースで、カメラマンの影響で、マガンが日の出よりも前の暗いうちに飛び立つようになった という記事を目にしました。

私もカメラマンの一人として心が痛む情報でしたが、湖面が車のライトに照らされたり、準備する間にラジオや車内灯をつけっぱなしにする人がいることが影響しているらしい とか。 

マガンが警戒して、行動パターンを変えてしまったらしいのです。

生き物好きとしては、大変気になります。 現地では気をつけようと意識しました。

実際に訪れてみたところ、確かに日の出前に大きな群れが飛び立って行きました。

たまたまなのか? 以前読んだ記事のとおりなのか???

それでも、まだ残っている群れも居て、明るくなってから飛び立ってくれたりもしましたが、5年前に比べると、飛び立つ群れが分散してしまっており、いささか迫力にかけていた というのが正直な感想です。

別な場所で、三年ぶりにこの地へ来た という人とも話をしました。

その方も、以前に比べると飛び立つマガンの群れが少ないと感じたそうです。

ちょっと気になりました。

マガンが一斉に飛び立つシーンは生き物好きにとってはとても感動的なシーンです。

これからもずっと見続けたいと思います。 また、他の方々にも是非みてもらいたいシーンです。

訪れる人とうまく共存できたらいいのになあ、、、、と思いました。

マガンは昔から同じことを繰り返しているだけ。

訪れる人のマナーや思いやり次第 ということでしょうか。
[PR]

by stray-robin | 2015-12-02 20:55 | マガン