コルリ♪

今季初めてコルリに会うことが出来ました。

この鳥のブルーはオオルリと同様とても綺麗な色をしています。

オオルリは喉から胸まで黒い色をしていますが、この鳥は真っ白です。

背面のブルーとお腹の真っ白。

目立った色は二色しかないのですが、そこがまたシンプルな美しさを醸し出していて、もしかするとオオルリよりも綺麗かな? なんて感じてしまう鳥さんです。

f0230458_20571054.jpg

EOS7DM2 EF800mm F5.6L f5.6 +0EV ISO1600 1/320s トリミング

今回の写真はしっぽにかけてブレてしまっているので、ちょっと不満が残ります。

とてもきれいな鳥、全身を確り撮ってみたいのです。

今季またリベンジしたいと思いますが、縁の薄い鳥なのでちょっと自信がありません。。。。。
[PR]

by stray-robin | 2015-06-11 20:09 | コルリ

コルリの囀り:初夏の高原にて 2日目

2度目になりますが、コルリの囀りがもう一つ撮れましたのでアップさせて
いただきます。

風の音が入ったりしてお見苦しいところもありますが、ご容赦ください。
たくさん鳴いてくれましたが、最後の囀りが一番好きです。

コルリの声だけでなく、他の小鳥や虫の声もたくさん聞こえます。
素晴らしいところでした。



話は変わりますが、金曜日は会社の飲み会でした。。。。
やはり、昨日の土曜日の朝は体の調子が良くありません。
それで鳥のポイントの下見だけしてきました。
観察が終了し、”あ~、なんだこの暑さは!”とギラギラ輝く太陽を恨めしく思いながら
電車で帰路へ。

地下鉄の駅から出てみてビックリ!
大雨が降った形跡が。
しかも、近くの川(というより、コンクリートの水路)はものすごく水位が上がっていて、
濁った水がすごい勢いで流れていました。ちょっとだけ立ち止まって見入ってしまいました。
そりゃあ~昔から夕立という強い雨もありますが、これは午前中からお昼にかけての話です。
スコール って言う方がぴったりかも。
結局傘はささなかったんでラッキーでした(^^v

だいぶ以前からですが、雨の降り方が熱帯の国みたいになっているような気がします。
[PR]

by stray-robin | 2010-08-01 18:31 | コルリ

コルリの一声:初夏の高原にて 1日目

前回写真で紹介した個体です。

約一分ほどの動画です。
前半はほ一声鳴とんど変化がありませんが、後半に大きくいて枝から落ちそうになります。
その後は、気まずそうに周りの様子を伺って去っていったように見えました(笑)


[PR]

by stray-robin | 2010-07-15 20:22 | コルリ

コルリ:初夏の高原にて 1日目

今季も憧れのショットを撮ることができました!
と、、、言いたいところですが、厳しい撮影条件に負けて写真は
今一つ精彩に欠ける物でした。。。。

いつもよりも小さめの写真にします(^^;

逆光で色が出ませんねえ~(涙)
本当はとっても綺麗なんですよ。瑠璃色と白のツートンカラーで。

来年も再来年もずっとここで元気な姿を見せてほしいものです。

f0230458_20262585.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時 16:37:32
Tv (シャッター速度)1/30
Av (絞り数値)4.0
露出補正-1
ISO感度125
焦点距離15.0 mm
ホワイトバランスオート

f0230458_20265748.jpg


システム デジスコ(TSN-884+TE-17W+S90)
撮影日時 16:39:52
Tv (シャッター速度)1/8
Av (絞り数値)4.9
露出補正0
ISO感度125
焦点距離22.5 mm
ホワイトバランスオート

それにしても、声はすれども姿は見えず、、、、で本当に見つけるのに苦労しました。

<小鳥メモ>
コルリ(小瑠璃、英名:Siberian blue robin)
スズメ目ツグミ科。
全長14cm(スズメ:約14~15cm)

北半球の西はカザフスタンやインド北東部、東はロシア南東部にまで分布しているようです。

日本では夏鳥で、本州以北~北海道で繁殖。

低山地から亜高山帯にかけてのササなどの下草が生い茂った落葉広葉樹林や混交林に
生息。群れは形成せず単独で生活する。

食性は動物食で、主に地表で昆虫を捕まえます。
[PR]

by stray-robin | 2010-07-13 19:35 | コルリ