今年の初ヤマセミ

今日、今年最初のヤマセミ撮影にチャレンジしました。

地元の方の暖かい支援のもと、無事ヤマちゃん会うことができました。

とてもうれしかったので、早速一枚選んでアップしてみることにしました。

デジスコものです。

f0230458_14581777.jpg



デジスコでは明け方はSSが稼げないので、なかなかしっぽをあげている瞬間を撮影することは難しいのですが、今日は距離が近かったため撮影ではワイド端f2.5 & 1000mm相当を確保。

初めてここまではっきりと撮影することができました。

この場所で撮影できたのは、先に書いたとおり地元の方々の頭が下がるほどの支援のおかげです。

ありがとうございました。

撮影は、もともとは足場の無い崖の下で実施する予定なのでした。

しかも、夜明け前の暗がりの中を下りるのです。

『懐中電灯、しっかりした靴は必須』と事前にアドバイスを受けました。

ところがトレッキングシューズが車の中で行方不明になり、内緒でぺらぺらのデッキシューズで参加しました(汗)

そして、機材を崖を担いで下り始めて感動!

私が来るというので、地元の方が足場を作ってくれていたのです。

ここまでしていただけるとは涙が出るほどの気持ちで一杯です。

2回に分けて機材をもって崖を下りる予定が、一回で済みました。

体力面でこれは大変大きなメリットになります。

そして、どうなることかと心配したヤマセミも姿を現してくれました。

寒気で足のつま先の痛む中なかなか目の前の枝には来てくれずにやきもきしましたが、結果的には来てくれました(^^)v

大変良い思い出になりました。

来週もチャレンジしたいと思いますが、この場所も魚が自然と居なくなればヤマセミは姿を消してしまいます。

撮影の合間に川を眺めながら、この川周辺の開発のことが気になったので地元の方に質問してみました。

とても静かな河原ですが、産業廃棄物処理場などの建設計画もあったそうです。

地元の反対で中止になったそうです。

開発は人間には必要な行為です。しかし、ヤマセミにはいつまでもこの川で元気に魚を取って暮らしてほしいと思いました。

写真を撮った、楽しかった。。。。だけで終わらせる気になれない歴史と魅力がこの川にはあるのでした。

これからも人間と自然の生き物たちが共に暮らしてゆける環境が保たてほしいなあと思いました。
[PR]

by stray-robin | 2012-01-09 19:41 | ヤマセミ