Grus japonensis タンチョウ

11月の三連休を利用して、強行スケジュールで丹頂鶴に会ってきました。

この時期は『鶴居・伊藤サンクチュアリー』、『阿寒国際ツルセンター』、『鶴見台』という給餌場には来ていませんので、探すしかありません。

それでも、なんとか会うことが出来ました。

写真の整理不能。これ意外ネタもありませんので順位不同でしばらく続けてお届けします。

まずは、綺麗な牧草地で会ったツルたちです。

f0230458_21205142.jpg



美しい姿に感動しました。

ポスターで見るような青空を飛翔する綺麗な姿は撮ることはできませんでした(泣)

撮影でクタクタになりましたが、行ってよかったです(^^)

貴重な鳥ですが、農家の人にとっては作物を食べたり踏み倒したりするので害鳥として扱われることもあります。

なんとかうまく共存してゆきたいものですね。

<小鳥メモ>
タンチョウ(丹頂、英名:Red-crowned craneなど)
ツル目 ツル科 ツル属
全長125-152センチメートル。
翼開張240センチメートル。
体重6.3-9キログラム。

雄雌同色。

頭のてっぺんの赤い部分は羽毛ではなく赤い皮膚が露出したもの。
にわとりでいうところのトサカ?

日本(北海道)、ロシア南東部、中国、朝鮮半島に分布。

雑食性で植物の茎、種、ミミズ、魚、カエルなどなどを食す。

農作物を食害する害鳥とみなされることもある。
[PR]

by stray-robin | 2013-11-08 21:41 | タンチョウ