シノリガモ 初撮り♪

東京もすごい雪でした。

各地での被害のニュースも伝わってきています。

被害に合われた方々は大変な思いをされていると思いますが、早期に回復できることを願っております。

さて、本日の写真はシノリガモです。

昨年末はシノリガモに会いたくて外洋に通いました。

その時の写真です。

この鳥は、当地では冬になると見られる北方系の鴨です。

寒い地方で繁殖しています。

とても美しい姿をしています。いつまでも見ていたくなります。

ここへは、以前他の方に案内されて行ってみたのですが、防寒の備えが悪く極寒と鳥との距離が遠いのに我慢できず、その時は一枚も写さずに退散したのでした(^^;

数年ぶりのリベンジです。

でも釣り人やサーファーの影響で近くにくることは滅多にありませんでした。

今回は防寒対策はバッチリでしたので、一人でじっとチャンスを待ちました。

釣り人もいなくなり、サーファーも二人ぐらいしかいなくなった時間帯に近くに来てくれました(^^)

初撮りは大きく撮りたくなります。

トリミングしたものもありあすが、大きくして載せます。

f0230458_20344511.jpg



f0230458_20345627.jpg



f0230458_2035812.jpg



f0230458_20354419.jpg




f0230458_20381222.jpg



f0230458_20382818.jpg



f0230458_20384733.jpg



f0230458_20385836.jpg



f0230458_20391673.jpg



最初は警戒していましたが、大人しくしていたら気を許してくれたらしく、目の前で餌を撮り始めてくれした。

とても嬉しい気持ちになりました。

釣り人やサーファーが多いですが、人と鳥とがうまく共存できたらいいと思いました。

次回以降は、♀や海の様子もわかる小さく写ったシーンも載せたいと思います。


2014.2.15追記
<小鳥メモ>
シノリガモ(晨鴨、英名:Harlequin duck)
カモ目カモ科シノリガモ属

繁殖期は西は中国から東はアイスランドまでの寒いエリアに分布。
冬はそこから南下して越冬する。

日本には冬になると岩礁海岸にやってくる。
しかし、日本で繁殖している個体もいる。

食性は雑食で、昆虫、甲殻類、貝類、ウニ、藻類などを食べる。

世界的には数が多いとされているが、開発により個体数の減少が懸念されている。
日本では環境省が『絶滅のおそれのある地域個体群』(地域的に孤立している個体群で、絶滅のおそれが高いもの)として指定している。
[PR]

by stray-robin | 2014-02-15 20:38 | シノリガモ