タカの渡りを見てきました。 ハチクマ

捨て猫?迷い猫?の保護をしていたらてんやわんやであっという間に時間が過ぎてしまいました(汗)

9月23日、白樺峠に行ってきました。

最初は渡り途中のノビタキを探しに行こうかと思っていたのですが、鳥がいないと鳥友さんに教えてもらったので、急遽予定を変更しました。

9月23日は統計的に鳥の出が悪いというジンクスのある日にちなのですが、なんとか見ることができました。

良かった(^^)

それでも鳥が多かったわけではありません。

こちらのカウントを見ると、ジンクスの通り多くはないことがわかりますね。

朝は良かったのですが、午後は特に少なかったような気がします。

人も多かったですが、以前見たた500人に比べると少なかったです。あの時はすごかった(;゚ロ゚)

今日はハチクマの写真を紹介します

ハチクマは鳥は名前にもあるようにハチの巣を襲って、ハチの子を食べます。

夏の間に日本やもっと涼しい国で子育てをして、秋になると温かい国へと渡ってゆきます。

一生懸命子育てするので、羽がボロボロになったり一部が抜けていたりする個体をよく見ます。

そういうぼろぼろの羽を見ると、応援したくなります。 無事渡りきってくれと。

↓朝の景色は眼下に朝もやが広がっていて、いままで見た中で一番綺麗な景色でした。
f0230458_22103689.jpg

EOS5DM3+70-200mmf2.8 トリミング

f0230458_22104649.jpg

EOS5DM3+70-200mmf2.8 トリミング

鳥の写真は、大きく撮りたかったのですが、距離が遠かったのでダメでした(T_T)

↓日が上り気温も少し上がり始めた頃、山に残っていたハチクマが飛び始めました。
f0230458_2212936.jpg

EOS5DM3+856 トリミング

↓飛びながら上昇気流を探します。
f0230458_22122282.jpg

EOS5DM3+856 トリミング

↓上昇気流をつかまえて、円を描きながら徐々に上昇してゆきます。
f0230458_22123266.jpg

EOS5DM3+856 トリミング

f0230458_22124373.jpg

EOS5DM3+856 トリミング

↓この個体はこのまま高く上がっていってしまいました。
f0230458_22125499.jpg

EOS5DM3+856 トリミング

↓別の個体ですが、比較的低いところを通過してくれました。
f0230458_2213672.jpg

EOS5DM3+856 トリミング

無事に渡りを終えて、また来年も子育てをしに戻ってきてほしいと思いました。


<小鳥メモ>
ハチクマ(八角鷹、蜂角鷹、英名:Oriental honey-buzzard)
タカ目タカ科サシバタカ目タカ科ハチクマ属。
隊長:57-61cm。雌の方がやや大きい。(比較:ハシブトガラスは体長56cm)。

渡り鳥。

ユーラシア大陸東部の温帯から亜寒帯にかけての地域に広く分布。

日本では春~夏にやってきて繁殖。
森林に生息。
毎年同じ巣に戻ってきて、補修して子育てする。
♂は♀ともに子育てに参加する。
育メン。

育雛期は蜂の幼虫やサナギを主な食料とする。
クロスズメバチなど地中に巣を作る蜂の巣を見つけると、巣の上から掘り返して
巣盤を持ち帰って雛に与える。

ハチクマが蜂の毒針を問題としないのは、羽毛が堅い為と考えられている。

世界的には絶滅の心配がない主とされているようであるが、環境省レッドリスト
では『準絶滅危惧(Near Threatened, NT) - 存続基盤が脆弱な種』に指定
されている。

蜂の巣は森の中にたくさんあるようであるが、今後も森林が減少すれば餌となる
蜂の補食が難しくなるということかもしれない。

それにしても、生態についてはどこまで具体的に把握されているのか?

渡りの時期になるとたくさん姿を見るが、それまではいったいどこにいるのか?
そんなに餌場(蜂の巣)が豊富にあるのか?などなど、自分にはわからないことがたくさんある。。
[PR]

by stray-robin | 2014-09-28 21:08 | ハチクマ